2017年2月16日木曜日

ご縁はどこまでも。

今朝、一人の女性からメールをいただきました。
表参道教室の案内をブログでみて
参加申し込みのご連絡でした。

いつもご連絡をいただくと、
失礼ながらどこで鯛車のことを知ったのですか?
どなたからのご紹介ですか?
と、お聞きするのが楽しみのひとつでした。
この方の小さい頃におじいさんが鯛車を作っていたらしい。
私が鯛車の活動をするずいぶん昔のことだ。
何度かやりとりして名前を聞いて思わず
仕事中にもかかわらず叫びそうになりました。


おじいさんは長谷川初衛さん(巻で唯一の鯛車職人)で
なんとそのお孫さんでした。


当時、鯛車をひたすら作る長谷川さん。



長谷川さんは、私が小学生の頃初めて引いた鯛車の作者。
それは私の人生を大きく変えたできごと。
そして初めて長谷川さんのお宅にお邪魔した日が長谷川さんの命日。
私の祖父と同級生だった長谷川さん、
お孫さんは偶然にも私と同じ歳でした。
お孫さんにとって長谷川さんは母方のおじいさんだそうで、
5月の教室の前にお母さんに
長谷川さんとの思い出話しを
たくさん聞いてきてくれるそうですよ。

結局一度もお会いできなかったのに様々な人を通して
少しづつ長谷川さんが自分の中で大きくなっていく。
5月にお孫さんとお会いするのが今から楽しみです。


※初めて私が鯛車を引いた思い出はこちらから↓
http://taiguruma.blogspot.jp/2015/01/blog-post_26.html

2017年2月13日月曜日

今年も表参道鯛車教室、開催します!

今年も5月から東京表参道で鯛車の製作教室を開催します。
2009年から開始した教室も今年で9年目。
毎年新規の生徒さんが増えて、6月のキャンドルナイトでは
東京で作られた鯛車が表参道の夜を彩ります。

ものづくりが得意でない方も私たち講師が
一緒になってつくりますのでご安心ください。

巻の鯛車を東京でつくる一年で
唯一の教室ですので
興味のある方、ぜひ一緒に鯛車つくりませんか!?




4日間の教室に参加いただければ
このようなオリジナルMy鯛車が完成できます!




結婚祝いや出産祝い、または元気にしたい人へ
大切な人への贈り物としてもいかがでしょうか!?





ネスパス3階の広くて綺麗なスペースでつくります。






昨年はこれだけの鯛車が完成しましたよ!








場所は地下鉄表参道駅近くの
表参道新潟館ネスパス3階になります。
表参道ヒルズの隣なのでわかりやすいです。
地下には新潟の食材を使ったレストランもありますよ!




以下教室の詳細、お申し込み先となります。
お待ちしております!

—————————————————————————————————————  

鯛車・表参道教室

日時/5月20日(土)、5月21日(日)、5月27日(土)、5月28日(日)
   4回コースです。基本全ての回に参加できる方でお願いします。
   10:30〜17:30(お昼休憩1時間)
     ※鯛車をお披露目する表参道キャンドルナイトは6月中旬を
     予定しております

会場/表参道ネスパス新潟館 3F(表参道ヒルズ隣り)

会費/9,000円(税込・展示用の照明付き)

持物/ハサミ、カッター、筆記用具

定員/20名(先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)


 お申込み・お問合せ/taiguruma@gmail.com
          又は0256-72-8736(野口)まで
          ※電話は平日9時半〜16時半だと助かります。
            
—————————————————————————————————————


2017年2月10日金曜日

海外では初めての開催!!

昨日嬉しい一報が届きました。
今年の11月にガルベストンのアートセンターという
街の中心にある美術館で、鯛車の作品展が決まりました!
しかも1ヶ月半という長期間の開催です。

この美術館はヒューストンと関係している美術館のようで
2008年にアメリカ西海岸で発生したハリケーンアイクで
一度は閉鎖してしまいましたが、
昨年リニューアルオープンしたんですよ。


いつも通訳をお願いしている作家のmayukoさんが
キュレーターの方に提案していただき、
こちらから今までの成果を集めた企画書を送ったのが先月半ば。
あっという間に決まりました!
mayukoさんはこちらの美術館のアドバイザーも務められているとのこと。
毎回私たちの可能性をいつも開放してくれますね。
感謝しかないです。ありがとうございます!

そして11月のガルベストンでは
毎年鯛車のワークショップを開催しているので
私たちにとってベストな月なんですね。

しかしひとつ問題があってガルベストンでは
いつも鯛車を一緒につくってくれる巻のメンバーはいません。
新潟から持ち込むことも難しいです。
だから現地でひたすらつくるしかありません。
皆川さんはいつもどおり素晴らしい空間に仕上げてくれるはず。
だから私は頑張って鯛車をつくります!

やるからにはガルベストンの人たちに日本の文化とアートが融合したものを
見せられたらと思っています。応援よろしくお願いします!



過去に開催したインスタレーションを
企画書用に整理してみました。
少し振り返ってみたいと思います↓



こちらは2009年の新潟市美術館にて。








こちらも2009年。巻の福井神社にて。








こちらも2009年。鯛の宵の前身ですね。
中吉川の蔵で音楽の弾き語りとともに。






なんとこちらも2009年。
お盆に商店街でやった展示です。

この年は芸術祭に出ていたのでいろんなところで
展示してましたね。





こちらは2005年の長岡造形大学ギャラリーにて。
プロジェクト発足後はじめての展示です。







こちらはお馴染み、2015年いわむろやで神田亜美さんとの展示。
いつか神田さんともアメリカで共同開催するのが夢です!






こちらは昨年、ビームスの方が展示してくれたもの。






こちらはいわむろやの小倉さんが2010年に企画してくれたもの。







こちらは昨年スノーピークさんが考えた展示。
おもしろいアイディアです。





こうやって振り返るといろんな展示の仕方がありそうです。
それでは改めて開催期間ですが、
2017年11月25日(土)〜2018年1月7日(日)までとなります。
オープン25日の前まで鯛車をつくる実演を一般市民の方々に公開して
翌週27日からはじまるアートリーグでの鯛車ワークショプの
集客に繋げられたらと思っています。

また動きがありましたら随時こちらで報告していきますので
お楽しみに!


It is now officially confirmed that we will be having an exhibition of Taiguruma installation at the Galveston Arts Center (2127 Strand), from 11/25/17- 1/7/18 (opening during the Art Walk on Saturday 11/25/17).
We plan to schedule the Taiguruma workshop at the Galveston Art League from 11/27-30 (Mon.-Thu.), after the opening of the exhibition at the GAC.





2017年2月8日水曜日

繋がる。

鯛車の活動をしていると、いろんなところで
誰かと誰かが繋がっているということが頻繁にある。

今日は、最近驚いたそんなお話です。

今の家に住んで8年になりますが、
毎日必ず使っているテーブルと椅子があります。

この家具は古町にあるアパートメントというお店で買ったのですが
引っ越す前からこの家具がずっと欲しくて、ちょうどこの家具が値上げすると
店員さんにおしえてもらい、いつか引っ越すときに必ず取りに来るという不思議な
契約をして(笑)まだ結婚する前だったので
妻と二人で少しづつお金を貯めて買ったものでした。
家をつくる際にもこの椅子とテーブルありきで部屋を考えたくらいです。

確か1年近く取り置きしてもらっていたような。。。


当時ツインバードさんが出している紙面に
載せてもらったことがありました。懐かしいです!
このテーブルと椅子です。



そんな融通の利くお店、アパートメントは学生時代からなんとなく
通っていてよく店員さんとお話がてら、家具や雑貨を眺めるのが
大好きな時間でした。

あれから何年も行ってなくて、
先日会社帰りに知人に渡すプレゼントを
買いに5、6年ぶりくらいに行きました。
お店に着くとちょうど家具を買ったときにいた店員さんがいて、
更に私のことも憶えていてくれて、なんとなく最近どうですか、
という感じで話をしていたのですが、
話の流れから店員さんのお宅に鯛車があるというような話をされました。
しかも1台じゃなくてリビングに5、6台!???
これはただものじゃないですね。

どうやらお父さんがつくっているようでした。
その店員さんは鯛車=巻というようなことは
わからなかったので、お住いのある北区の公民館か何かで
つくっていると思っていたようで
お父さんとコミュニケーションをとるようなことは
普段しないので、その鯛車について深く突っ込まなかったようです。

店員さんのお名前と北区で一人思い浮かびました!!
下の写真の鯛車をつくった方で、もう3年ほど巻の教室に通われています。
毎週教室のある日曜日は北区から1時間かけて巻に通っているんですよ。
すごくないですか。それも3年!!
巻で行う忘年会も参加した年から来てくれていましたね。



この鯛車の作者ですよ!
メンバーのみんなわかりました??




あまりにも上手で真面目な方なので、
昨年、教室の先生をお願いしたのですが、
距離が遠いこともあり、断られてしまいました。
しかし今回のことで、もう一度先生をお願いしたいと強く思い
息子さんからもお願いしてもらうことになりましたよ。
先生になったあかつきにはここで改めて紹介させていただきますね!

こんなところで息子さんとお父さんが繋がるなんて
人の繋がりは本当に不思議なものですね。










2017年1月20日金曜日

明けました!!

だいぶ遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!!
今年もよろしくお願いいたします。


今年はすでに予定が盛りだくさんですが、
また関わってくださるみなさんと一緒に
頑張っていきたいと思います。


大晦日の鯛の蔵です。






先週ご存知かと思いますが、
新潟には雪がどっさり降りました。



あたり一面真っ白です。。。





雪かきがてらこんな感じに。
筋肉痛です。。。




娘は大喜び。



なお、今年の鯛の蔵の開館ですが、
しばらく冬季休業させていただきます。
2月19日(日)10時より再開させていただきますね。

今後につきましても
2月19日(日)より毎週日曜日10時〜16時のみの開館となります。
今年も一年、よろしくお願いいたします!







2016年12月30日金曜日

今年最後の鯛車教室。

今月の上旬、
今年最後となる巻教室の最終日を迎えました。
二ヶ月前は全くのカタチもなかった鯛車に
次々と赤い色が入っていきました。


ベテランの生徒さん、
イラストもさすがの出来です。





もう十分に先生になる素質ありますね!







そしてこちらの親子はこれから色塗りに入ります。
うまく行くかな!?






先生たちは仕上げの材料を準備し始めました。
電球ソケットを組み立てて、紅白の紐とタイヤを
人数分揃えます。








自分にしかつくれない
オリジナルの鯛車がまもなく完成しますね!







赤い鯛車が増えてきましたね。







こちらの方は、毎週東区から1時間近くかけて
電車で通ってくれましたよ。
まもなく完成ですね。






12月なのに例年と比べて天気が良くて
塗りたてのパーツもすぐ乾きそう。






いよいよラストスパートですね。







毎週親子で参加してくれました。
お父さんの方が夢中になってます(笑)







2005年からはじまった教室も
年2回の開催で今回で23回まできました。





そしていよいよお待ちかねの点灯式が始まります!





恒例のみんなの掛け声で

3、2、1  ..........




ん??あれ??

半分点灯しない。。。
これは始まって以来の大失態です(汗)



それでは気を撮り直して、




今度こそ 3、2、1  




今度は大成功!!

みんな安堵の笑顔で(笑)





これだけの鯛車が完成しましたよ!





巻教室はおかげさまで23回目を無事に
終了することができました。
地元が巻で参加してくれた人も、
遠くから通ってくれた人も、
みんなからどんな理由でこの教室に参加したかを聞くと
様々な答えが返ってきます。

「お孫さん二人のために一台ずつ作ってあげたいんだ」
「鯛車のことがずっと気になっていて一度作ってみたかった」
「前からつくっていたお友達に誘われて来てみました」
「退職してやっと自分の自由に使える時間ができたから」

そんな思いを聞くと完成後の鯛車も
全く違う表情に見えてきますよ。
それぞれが様々な想いを込めてつくった鯛車。
きっと自分でつくった鯛車を紹介するときには
教室でここのところが苦戦したとか、
こんな意味を込めてつくったとか
みんなの口から自然に言葉が出てくるはず。
新しく参加するほとんどの人たちが人づてで集まってくる
人たちなので自然に教室参加者のみなさんが
教室のプレゼンターになってくれているわけです。
こんな素敵な鯛車みたら自分でもつくってみたくなりますよね!


来年の巻教室は6月を予定しています。
またたくさんのご応募お持ちしております。
参加希望の方は以下までご連絡くださいね。

taigurumarp@gmail.com

今年一年、このブログを見てくださったみなさん
ありがとうございました。
来年はブログも、HPもパワーアップした姿でご覧いただけるように
準備しておりますのでどうかお楽しみに。
鯛車の情報も随時みなさんにわかりやすくお伝えできるように
勤めていきたいと思います。

それではまた来年もよろしくお願いいたします。
素敵な年末年始をお過ごし下さい。






2016年11月30日水曜日

ガルベストンでの思い出③

ガルベストンでの旅の最終日は
前日に引き続きヒューストンへ。


Mayukoさんおすすめの地中海料理のお店でランチです。
見たことのないものばかりでどれも美味!!





そしてこの日はヒューストン美術館へ。
ちょうどデガの展覧会が開催されてましたね。
ヒューストン美術館は世界で四番目の大きさみたいですよ!

そしてラッキーなことにMarkの知り合いが美術館で
働いているため、美術館のバックヤードに連れて行って
もらいました。こちらは作品をポスターや作品集用に
撮影する部屋ですね!






そしてこんな有名画家の作品も!
こちらは私の大好きなシャガール。


ピカソもありましたね。
海外の美術館は撮影OKなところが多くて
うらやましいですよね!


こちらは光が綺麗なジェームスタレルの作品。






こちらはダミアン・ハーストの作品。
前から知ってはいたのですが生で観たのは初めてで
興奮しました!




そしてもうひとつ。こちらはヒューストンから少し校外にある
メニルコレクション。メニル夫妻が自分たちの資産だけで作った美術館。
なんと入館料が無料なんです。いくつかの美術館が併設されていて、
ここはヨーロッパを思わせる街になっています。



こちらは本館のようで、中にはピカソやダリ、
マグリットの作品がたくさん。

こちらの中は撮影できなかったのですが、
ロスコがつくった教会です。
もちろん中にはロスコの絵画が。

個人的にはヒューストンの美術館よりこちらの
メニルコレクションの方が楽しめました!!
ぜひヒューストンへ行かれる際にはおすすめですね!

ほとんど鯛車の話は出ていませんが、
以下より番外編。
いろんなものを紹介しますね!

スーパーで被り物をするMark(Mayukoさんの旦那さん)
チリソースのメーカーのクリスマス商品のようです。
ポーズがGOODですね(笑)






Mayukoさんが住んでいる街にあったREIという
アウトドアショップ。日本でも売っている
海外のアウトドアブランドをすごく安く手に入れられます!!






そしてここホテルじゃないですよ!
私が最終日二日間に泊まらせてもらった
Mayukoさんのうちのゲストルーム。
女子でなくても大満足でした!





そして旅もいよいよ終盤。
Mayukoさんからユナイテッド航空の
ラウンジチケットをいただいたので
帰国の飛行機を待つ間ラウンジで食事を。




フルーツやパン、ジュースなどが食べ放題。
なんて贅沢な!





おかげさまで4回目のガルベストンも無事に教室、
他のプロジェクトとも終えることができました。
今回は初めて会う人も多く、そして
来年につながる出来事が多かったように思います。
改めて活動を続けることの大切さを学ばせていただきました。
通訳や移動、宿泊まで任せっきりだったMayukoさん、
長期間泊めていただいたDoc。
そして食事に誘ってくれたり、色々と案内をしてくれた
ガルベストンのみんな。
関わってくれた人たちすべてに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!
また来年5月に戻ってきますね!
もうあと半年後ですね!

最後にDocの愛犬ペルシクでお別れです。

カップヌードルに反応するペルシク。




別れが寂しい皆川さんとペルシク。