2011年8月30日火曜日

鯛車のある風景。

たまにはこんなのもどうですか!?
それではどうぞ!



鯛車と一服。





作品として整列。






初めての鯛車引き。




ライトアップの瞬間。





大学のアトリエにて。





神社で、お出迎え。





かわいい孫と一緒に。




新郎新婦を出迎える鯛車。





こんな有名なところにも。





興味深々。




写真のほとんどがブログを始める前のものでした。
いつか鯛車で写真展も良いかもしれませんね。


2011年8月29日月曜日

鯛車WS & グッドデザインエキスポ2011に参戦!!

先週は夏休みの小学生を対象に
鯛車のペーパークラフトのワークショップをしました。
親子連れがほとんどで「夏休み」な感じがすごく良かったです。

このペーパークラフトというのは
本物の鯛車づくりに参加したいけれど、
参加できない人のためにずいぶん前に造形大の
先生と一緒に作ったものなんです。

会場はいつものまきコミュニティーセンターです。

実際にこの前、鯛車を作った子供たちも来てくれました。
けっこう苦戦してましたね。

この子はうまく作れたみたいですね!


完成品はこんな感じになります。


夜は巻の竹野町という地区のお祭りに参加してきました。
雨がポツリ、ポツリと降ってきたせいか
鯛車も雨ガッパを着ての参加になったんです。

雨ガッパを着ても光ってます!

鯛車にとって雨は難敵なんです。少しでも雨が当たってしまうと
絵の具がにじんでしまいます。
この日も雨のせいでほとんど写真が撮れませんでした。
残念ですね。来年は晴れることを祈りましょう!
小さな町のお祭りですが、
灯ろうを流したり、みんなでアイスを食べたり
私の大好きなお祭りの一つです。

—————————————————————————————————————

そして、おとといですが「グッドデザインエキスポ2011」が
東京のビックサイトでやっていたので会社の人たちと見に行ってきました。
車での移動だったので往復10時間でしたが。。。
でもこのイベントは本当におもしろいんです。
今回は私が気にいったアイディア商品を少しだけ紹介したいと思います。

タオルにもなるネクタイ!

アニマルなマスク!かわいいですね。

皮部分が多いレトロ風な自転車。

買い物袋のアイディア商品です。
これは指が痛くならなそう。


リボンの形のバンドエイド。


結束バンドがツルのように見えますね。


真ん中にはこんなオブジェも!!
この丸いオブジェはLEDでできていて
なんとエアコン1台分の電力だそうです。

今の時代、デザインに求められる付加価値はものすごく大きいです。
中にはその付加価値が人の命を助けることもあります。

そして日本人のデザインに対する意識も強くなっている気がします。
同じ値段の商品なら間違いなくカッコイイ方、機能が良い方を選びますもんね。
今回のイベントでは鯛車に使えるアイディアもたくさん頂きました。
また来年もぜひ来たいと思います。

2011年8月23日火曜日

鯛車本来の姿。

8月13日のお盆は前日に新潟日報さんが
新聞でティファニー賞受賞の件を載せていただいたり、
まちづくり協議会さんから事前にチラシをまいていただいた
おかげもあり、今までで鯛車のイベントをした中で
一番の盛り上がりでした。
町の人たちは少しづつですが、確実に鯛車のことを
気にかけてくれているのがわかります。
今回はイベントが始まるところから紹介したいと思います。


当日の貸し出し用の鯛車が
「鯛の蔵」の横に並んでいます。



貸し出しは7時からだったのですが
早くも予約のお客さんが!!



蔵の前には商工会の皆さんが頑張って並べた鯛車です。
この鯛車たちは過去に私たちプロジェクトが
小学校に行っておしえたものです。

70台が並びました。懐かしいですね。


この前小学校でおしえていた
子どもたちも来てくれました。


そしていよいよ7時に貸し出し開始です。

これを見て下さい!
40台近くあった鯛車がすぐになくなり
順番待ちの大行列です!!
ここまでの行列は初めてですね。


「鯛の蔵」も大盛況です。
初めてくる人たちばかりで

みんな懐かしいと喜んでくれました。
帰省客もたくさんいましたね。


貸し出された鯛車は上の写真のように
「鯛の蔵」から自分のお墓まで引っぱります。
近くには4つのお寺があるんですよ。


お墓では鯛車とともにお参りする人たちが
たくさんいました。
もちろん浴衣姿の人たちも!



私たちプロジェクトの目標である
「昔当たり前だったお盆の情景を復活させて
鯛車のあかりで町を真っ赤に染めたい」とは
まさに上の写真のことなんです。

中には教室に参加して自分で作った鯛車を引っぱってくる方も
何人かいました。8月に終わった教室の生徒さんが
自分の孫に鯛車を引かせていました。
完成した時よりも良い顔してましたね。

鯛車は作ったら終わりではなくその先のストーリーが
あるんですね。教室に参加した人はきっとお盆に引っぱったり
飾ったりしてくれているはずです。

少しづつですが着実に夢は近づいています。
来年は行列にならないよう
みんなでもっと鯛車を作らないとですね。
協力していただいた皆さん、おつかれさまでした!


2011年8月13日土曜日

鯛車完成。そして重大発表あります!!

この前の日曜日は2ヶ月間前に始まった
鯛車教室の最終日でした。
今回生徒さん24人、先生10人以上という
プロジェクト始まって以来の大規模な教室でした。
果たしてみんなはどんな鯛車が完成したのでしょうか。

赤い色が増えてきましたね。

この方は急きょお母さんが助っ人で登場しました。
親子で鯛車づくり、いいですね!


こちらは納得がいったようですね!

そして、なんとか完成しました。
お待ちかねの点灯式です。
一斉に合図でライトアップ!!


みんなよく頑張りました。
灯りがつく瞬間みんなの表情がたまりません。


最後に恒例の記念撮影です。
新たに24台の鯛車が町に戻ってきました。


最後に円になってお昼を食べながらの発表会を行いました。
先生、生徒が一言づつ感想を言っていくのですが、
その中で印象的だったのが、
「私はみんなの笑顔を見るのが楽しみで毎回参加しています」
という先生の言葉でした。その通りですね。
鯛車教室は鯛車の技術を教わるのはもちろんのこと、
参加した人たちが日曜の午前中を楽しむ、
そしてお茶飲み仲間を増やすコミュニティの場でもあるんですね。
二年前に亡くなった私の祖父は、友達があまりいなくて
鯛車教室に通い始めてから毎週日曜日が楽しみでしかたなかったと
言っていたのを思い出しました。
ちなみに私も楽しみでしかたない一人ですけどね。
秋の教室もお楽しみに!



そして同じく小学校もあっという間に最終日を迎えたのです。
みんなお盆に間に合ってよかったです。

緊張のロウ塗り。うまくいったかな??

この2人、大の仲良しでいつも一緒にいるそうです。
遅れた方を手伝っています。親友ってイイですね!

兄弟で毎回頑張っていた2人です。
お兄ちゃんが弟くんに塗り方を丁寧におしえています。
台座に大きな夢を描きました。
この子の名前にも夢という字が使われているんですよ。
将来が楽しみですね。

そして点灯式を終えての発表会です。
みんな完成してホッとしたのでしょうか。

笑顔が絶えませんでした。

発表会は保護者の方にも来てもらいました。
鯛車を作った子どもたちには
お盆に自分のお墓参りで引っ張ってもらう予定です。

私は鯛車を教えながら子どもたちとたくさんのことを話します。
そして毎回教室では子どもたちから多くのことを学ばせてもらいます。

上に出ていた大親友の2人は、1人が最終日の前の日に休んでしまい、
遅れていたのですが、翌日教室が始まる1時間前に来て2人で
遅れを取り戻すために頑張っていました。

もうひとつ、兄弟のお兄ちゃんが作業の途中カッターで足を切ってしまい
病院へ行きました。幸いにも大事には至らなかったのですが弟くんは
お兄ちゃんがいない間、最初は泣いていましたがしっかりと
代わりに自分の役割をこなしました。

他にも最終日の発表会でお母さん、おばあちゃんが来るから
一生懸命に仕上げを頑張っていた子もいました。

友達の絆、兄弟の絆、家族の絆。
鯛車を通じて自然と様々な絆が深まっているはずです。
そして子どもたちにとって鯛車づくりが夏休みの思い出に残るものに
なったらうれしいですね。 







そしてここで重大発表です!!!!!


私たち「鯛車復活プロジェクト」がティファニー財団賞の
伝統文化振興賞を受賞することが決定しました!!
この7年間の活動が評価されたのはすごく嬉しいです。
これは鯛車に関わったみんなで頂いた賞です。
みんなで喜びたいですね。
まだ夢のようで信じられませんが。
あの有名なティファニーですもんね。
来月8日に東京で授賞式に参加してきます。
また戻ったら報告しますね。

詳しくは新潟日報の記事をご覧下さい↓
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/25995.html

こちらも↓
http://www.jcie.or.jp/japan/cn/tiffany/2011/index.html




今日はプロジェクトが1年で一番忙しく、一番鯛車が輝く日ですね。
様子はまたブログで報告します。

本日(8/13)は13時に「鯛の蔵」オープン予定です。
19時から蔵の前で鯛車の貸し出しも行いますので
巻でお墓参りに行かれる際にはぜひ鯛車で
お墓参りをよろしくおねがいします。
みんなで巻を真っ赤に染めましょう!!

2011年8月1日月曜日

ラストスパート!

鯛車教室はラストスパートに入りました。
来週で最終日を迎えます。
先週紙貼りまで終わらなかったみんなが
家で終わらせてきてくれました。
みんな真面目ですね。

そして今日はみんなが一斉に色塗りに入りました。

みんなが同じ釜からロウ付けをしています。


この方、色塗りが大の苦手と言っていたのに
始まったらスラスラです。なんだか楽しそう。


この方はうまくいったようですね。


先週、会社の昼休みに頑張って紙を貼っていた畑山君。
みんなに無事に追いつきました。


この日は巻のぽかぽかラジオさんが取材に来てくれました。
石川さんの年齢を聞くアナウンサー。
84歳!?元気ですね。


そしてこんな鯛車が!!!!



!?




凧職人の西方さんは本当に絵がうまいですね。
ほんとに手ぬぐい被ってると思いましたよ。



いよいよ来週で最後です。果たしてみんな無事に完成するのでしょうか。
楽しみでもありドキドキでもありますね。



お昼は丸の内朝大学の方(第二弾)が巻に見学に来られたということで
私もお昼を便乗させてもらいました。
巻の老舗の三笠屋さんです。

巻の高級料亭ですよ!
巻に長く住んでいながら初めてです。
ラッキー!!
そして恒例の食べる前のショットです。
地元食材を使ったお料理にお腹いっぱいでした。
お昼を食べながら丸の内の皆さんが
巻を見学した感想もお聞きして
とても有意義な時間でした。
最後に蔵の前で記念撮影してお帰りになりました。

みなさんにお会いできて良かったです。
鯛車をやっていて何が良いかって
色んな方とつながりができることですね。
また東京でもお会いできるのを楽しみにしています。
これからも巻を、鯛車を、宜しくお願いします!!

————————————————————————————

最後にメディア情報です。

新潟日報が出しているフリーペーパー「assh(アッシュ)」の
表紙に掲載していただきました。お手元にあるかたぜひご覧下さい。

詳しくはこちら→http://www.assh.ne.jp/

そして今日8/1(月)〜8/5(金)の朝6時30分〜50分までの5日間、
新潟のラジオ局、FMポート「ECHIGORIAN〜トキめき新潟人」で
私が鯛車のことで喋っています。
鯛車の先生方も出ていますよ!
興味のある方ぜひ聴いてみてくださいね。