2012年12月31日月曜日

今年最後の鯛車教室。

10月からはじまった鯛車教室が今月で最終日を迎えました。
2005年からはじまった鯛車教室は今回で15回目です。
それでは節目の教室をご覧下さいね。

新潟の12月は毎年こんな感じですね。




今回の教室では巻高校の美術部の生徒が
参加してくれました。
私の母校なので嬉しいですね!


ここに写っている生徒、なんと小学生の頃
私たちが鯛車のペーパークラフトのワークショップを
行ったのですが、そこに参加していたそうです!
私たちも年をとりましたね(笑)





初めての方ももちろん参加してくれました。
もうすぐ完成ですね!




教室5回目の長谷川さんはお知り合いの方に
頼まれた鯛車を修復してあげています。
きっと喜んでくれますよ!



巻高校のみんなは最終日がテスト期間で参加できなかったため
色塗り前に記念撮影です!色が塗られた鯛車、
楽しみにしてますね。





そして教室は最終日、みんな余裕の表情ですね!




先生に習って、引っ張る紐の先をこんな風に
裂いたこだわりの形ができました!キレイですね!



デザイナーの畑山くんは恵比寿様が
波の上を泳いでいるのを描いてくれました。
個性があっておもしろいですね!



加藤先生と他の先生のお孫さんで一緒に鯛車を作ってます。
色塗り本当に楽しそうですね♪



そして今回も西方先生に弾幕書きをお願いしました!
あいかわらず素晴らしい出来!



発表会の準備が始まりました。





私たちプロジェクトにはルールがあって
必ずみんなで一斉にあかりをつけるんですよ。
1台でも鯛車がつかなかったら駄目なので
入念にチェックします。





そしておまちかねの点灯式の始まりです。
3. 2. 1. のかけ声で一斉にライトアップします。



そして、、、



ライトがついた瞬間のみんなの顔を見るのが
私の一番の楽しみです!



また新しい鯛車たちが巻に生まれましたね!
みなさん、おつかれさまでした。
そしておめでとうございます☆



手探りで始めた1回目からここまでくるのはあっという間でしたが
続けて来れたのは一緒に頑張ってくれた先生たち、
盛り上げてくれた生徒さんたちがいてくれたおかげです。
言葉にならないくらいみんなには感謝しています。

同じことをひたすら続けることは容易ではありませんが
私たちはそれを成し遂げたことを誇りに思っていいと思います。
これからも20回、100回と死ぬまで続けていきたいです!
っと、みんなに最終日の発表会で話したら
鯛車の墓をつくろうとか、鯛車古墳だな!?とか
話が出ました(笑)こんなメンバーと毎年笑って過ごせる
ことが、何より幸せですね。

今年は大切なメンバーを1人失いましたが、
きっと気持ちは鯛車とともに残ってくれていると思います。
これからも私たちが無事に鯛車教室を行えるように
いつまでも見守っていてください。

今年鯛車教室、又はイベントに関わってくれた全ての方々に
お礼を言いたいです。本当におつかれさまでした。
ありがとうございました!

来年はとてもサプライズなできごとが起こりそうな予感です!
またブログで発表したいと思いますので
お楽しみに。


それではみなさん良いお年を!!




2012年12月30日日曜日

町なかに住むということ。

ブログを楽しみにしているみなさん、お待たせしました。
そしてずっと更新できず、申し訳ありませんでした。
ずっと気持ちが乗らずに書けませんでした。

実はこのブログ、見てくれた方が毎日どれくらいいるか
統計がとれるんです。
こんな休みがちなブログでも多くの人が
毎日ここにきてくれていました。
1人、2人ではないんです。ものすごく多くの人が見てくれていて
それを調べるたびにすぐに書かなきゃと思って焦っていました。
でも義務化してしまったらここで書いている意味がないし、
書きたい時にまた再開しようと思っていたら
ここまで引っ張ってしまいました。
ただ教室やイベントごとの経過を伝えるんじゃなくて
自分の想いを、例え拙い文章でも自分の言葉で伝えたいと思って。

そして今急に書きたくなったので書きます!
前段が長くなってすいません。



今日は少し自分の話をさせてください。

私は4年前に結婚をきっかけに実家のある町のはずれから町の中心部の
商店街に引っ越してきました。
きっかけというのがすごくおもしろくて
プロジェクトのメンバーでもあり、大学の先輩でもある皆川さんが
巻の町なかにおもしろい物件があるから見にいこうと
誘われたのがきっかけでした。

築50年以上経過した古民家がとても安価で、しかも土地付きで
ハウスメーカーから出ていたのを皆川さんの兄弟が見つけたのです。
その後皆川さんがこの家を買い、
ちょうど結婚するタイミングとうまく合致したため
皆川さんが大家さんとなりこの家に私たち夫婦が住むことになりました。
家の内装には皆川さんをはじめ、私と妻、そして私の友達、
そして皆川さんの友達など
いろんな人が関わって少しずつ形になって完成したのがこちらです↓

以前、雑誌に掲載させていただきました。

まだ家は正直完成していないのですが、皆川さんが私たち夫婦の要望を
聞いてくれてすごく理想の住まいができました。
本当に感謝していますよ!

ただ、ちょうど家が完成した時に祖父が亡くなり、
一人暮らしだった祖父の家が丸ごと空いてしまいました。
皆川さんとは5年住むことを約束して今4年が経とうとしています。
家は人が住まないとどんどん痛んでしまいます。
国道沿いの祖父の家には5年が過ぎたら、
移ろうとずっと思っていました。

しかし、最近家もそうですが町に前よりも愛着が出てきたんです。
家から歩いて商店街に買い物に行けるのがとても便利です。
歩いて1分のところに美味しいお肉屋さんがあって、
クリーニング屋さんがあって、弁当屋さん、やきとり屋さんなどなど。
夏には商店街で行われる祭りのパレードの太鼓の音で朝目が覚めて、
夜は家の前からは打ち上げ花火がよく観えます。
季節が音や様子で感じられます。

国道沿いにいけば大型スーパーやコンビニがあってとても便利だと
思いますが、町なかでしか味わえないことが山ほどあると思うんです。
今年子どもが産まれて、よく商店街に散歩に出かけるのですが
歩いている人、買い物をしている人によく話かけられます。
近所の人には、ここの通りには何十年ぶりの子どもだと
自分のことのように喜んでくれました。

子どもが大きくなった時に自分の町のことを自分の口で説明できるように
なってもらいたいです。私の町にはこんなところがあって、こんな人がいてと。

私は巻生まれですが、父が転勤商売だったため子どもの頃から県内の
いろんなところを回ってました。それはそれで友達もたくさんでき
良かったのですが、自分の地元に対しての愛着を持ったのが
鯛車と出会った大学の頃からでした。
親の身勝手な考えかもしれませんが、子どもにはここでしか
味わえないものを小さい頃から感じてほしいです。

それでここを出て行くことに悩んでいます。
最近このことばかり考えています。どなたかアドバイスを。。。


みなさんにお待たせした鯛車の話はまたすぐに書きますね!
長くなってしまったので今日はこれにて。




2012年10月30日火曜日

これからも心の中で。

久しぶりの更新になります。
だいぶサボってしまいました。
楽しみにしていたみなさま、すいません。
ご迷惑をおかけしました。

9月からいろいろなことがありすぎて
とても書ける状況ではありませんでした。
まだ整理しきれてませんが、
これから少しづつ伝えていけたらと思います。



まず、どうしてもプロジェクトの方々、または鯛車に
関わっていただいているみなさまに伝えたいことがあります。
今年になって体調を崩されていたメンバーの1人が
昨日お亡くなりになりました。

鯛車復活プロジェクトを立ち上げから参加してくれた
第一期生の生徒さんで、昨年まで先生として活躍されました。
プロジェクトの中で一番元気でいつも大きな笑顔で
みんなを和ませてくれたムードメーカーでした。
誰もが間違いなくそう思っていたはずです。
今考えると、本当は辛かったはずなのにそのお人柄から
みんなには辛い面を全く見せなかったようにも思います。
私が最後に電話して声を聞いた時もいつもと
変わらない元気な声で応えてくれました。
もっと早く気づいていれば。何か力になれることが
あったかもしれないと今になって悔やみます。

その方は農家を営んでおり、夏になるとたくさんの野菜を
分けてくれました。お宅にお邪魔しては持ちきれないくらいの量の
野菜を持たせてくれました。
教室の最終日にはかならず自家製の漬け物を持ってきてくれて
メンバーみんなでいただくのを毎回楽しみにしていました。
昨年のちょうど今くらいの時期に妻と2人で
お宅へお邪魔した際に、熱々のおでんを鍋ごと持たせてくれたのが
昨日のように思えます。

さきほどお通夜に参加してきたのですが、会場入り口には
その方が作られた鯛車が二台、写真とともに並んでいました。
お経を詠んでくれたお寺様も鯛車の話を出してくれました。
亡くなったその方のご自宅の裏にお寺があり、
お盆になるとたくさんの鯛車で境内を飾っていたんですね。
それがすごく評判がよくて教室も始りそうな勢いだったようです。
また、近くの小学校に鯛車の講演に行ってもらったり、
とても鯛車復活に尽力を注いでくれました。

別れはとても悲しくて辛いですが、
きっとその方も私たちプロジェクトをいつもの大きな笑顔で
見守ってくれていると信じて、私たちはこれからも
この活動を続けて行きたいと思います。
頑張って長い間病気と戦ったぶん、
これからはゆっくりと休んでいただきたいです。
きっと霊前に飾られた鯛車が天国まで連れて行ってくれるはず。
鯛車は霊を慰める意味もあるのですから。
今まで言葉にできないくらい本当にお世話になりました。
たくさんの元気をもらいました。ありがとうございました。


この笑顔、ずっと忘れません。
心の中でこれからもずっと一緒に。







2012年8月28日火曜日

14回目まできました!!

お盆前に一般向けの鯛車教室も最終日を迎えました。
少し前になりますが、こちらも紹介しますね。
6月から始まった鯛車教室も今回で終わります。
みんなお盆に自宅に飾るためには何が何でも完成させたいですよね!
最終日はやはりペースが上がります。

最終日はみんな色塗りでしたね。子どももそうでしたが、
大人たちも色塗りが好きなようです!



見られて緊張しながら筆をにぎる若手の石田君。
ぼかしがキレイにできました!





初めての参加者もみんなが完成させました!
色塗りの基本はまず目玉からになります。



仕上げに先生の手直しが入ります!
完成までもう少しですね。



そしてお待ちかねの完成発表会です!
写真撮影会が始りました。

みんなこの瞬間を待ってました!
赤い色が鮮やかに生まれたての鯛車が勢揃いです。




恒例の記念撮影です。
西方さんが書いてくれた弾幕も決まってますね!




今回で14回目を迎えた鯛車教室も無事に終わりました。
あっという間ですね。
1回目から7年が経ちましたが、その間には鯛車をおしえる先生が
20名ほど誕生し、巻の教室で作って完成した鯛車は300台、小学校と
プロジェクトでの鯛車を合わせると800台、個人も合わせればおそらく
1,000台近くは巻に誕生したはずです。少しづつですが、
確実に巻には鯛車が戻ってきています。

教室の最後に一人一人感想を言ってもらうのが恒例ですが、
教室の参加者の方から、毎週日曜日にみんなと会えなくなるのが寂しいことや
また次回も参加してうまくなりたいという感想をいただきました。

個人的にうれしかったのが、お手伝いいただいている
鯛車教室一期生の小山先生の感想でした。
私が目標にしてきた「巻の町を鯛車のあかりで真っ赤に染めたい」という想いを
なんとかして叶えてあげたい、応援したいという気持ちが強かった!との言葉に
胸がいっぱいになりました。
鯛車教室は応援していただいている方、同じ目標に向かって一緒に
頑張ってくれている方、みんなの気持ちが一つになって
成り立っていると思います。
これからも何があっても続けていきたいと思います!

参加していただいたみなさん、おつかれさまでした。
次回は秋になるかと思いますが、よろしくお願いします!
もうすぐですね。初めての方、大歓迎です。

募集は市報又は区役所だよりに載せる予定ですが、
興味のある方、こちらのアドレスでも受け付けていますので
よろしくお願いします!
taiguruma@gmail.com 野口まで

世界にひとつしかない、
自分だけの鯛車を一緒に作りませんか!?
お待ちしています☆



2012年8月26日日曜日

「日本一」の鯛車!!

夏は私たち鯛車復活プロジェクトにとって
イベントが盛りだくさんな月でした。特に8月は。
関わってくださったみなさん本当におつかれさまでした。
ひとつずつ整理してお伝えしていきたいと思います。

まずはこちらから。

日本一、いや世界一の鯛車の完成です!!



7月下旬より8月半ばにかけて、毎年行っている
巻北小学校、鯛車教室が行われました。
今回は隣の巻南小学校の子どもたちも含めた合同の教室となりました。
なんとその数20名!!
今までの夏休み教室の中では一番多い子どもたちが参加してくれました。

巻北小学校は角田山が見えて田んぼの真ん中に
ポツンとあります。



私たちは2005年のプロジェクトを立ち上げた年から
小学校での鯛車教室を開始しています。
地元巻に住んでいてまだ鯛車のことを知らない子どもたちが
ほとんどだと思います。これからの巻を担う子どもたちに
鯛車の歴史、鯛車の作り方を伝えることはとても意味のあることです。
私も小さい時に鯛車を引っ張ったからこそ、今の活動に繋がっていると
思っています。

まず初めに、今までの鯛車の歴史や私たちプロジェクトの
活動を紙芝居風に説明しました。



そして今年は一から鯛車を作るのではなく、先輩たちが作ってきた歴代の鯛車を
修復して蘇らせるのが子どもたちの使命でした。

鯛車は昔、砂利道で引っ張っているとすぐに転んでしまい、
中に灯していた火が鯛車に燃え移ることがよくあったそうです。
その度に親たちが燃えた鯛車、又は古くなり劣化してしまった鯛車の
和紙を張り替えて、色を塗り直して修復を繰り返したと聞いています。

今回の教室では古くなった鯛車の和紙を剥がすところから始めました。

和紙を剥がして、竹の骨組みだけにします。
竹ひごが折れている場合もしっかり組み直します。



今回の教室では子どもの数が多いため、
プロジェクトのメンバーも増員しました!



この子たちのように兄弟、姉妹で参加の子どもたちもいましたね。



昨年参加したこの子は弟を連れて2台目の鯛車です。




おやつのアイスを食べている時が一番うれしそう!!



この仲良しの2人組も昨年に引き続きの参加です。
2人とも昨年の作り方おぼえてるかな。



中学生になった教室OBも手伝いにきてくれました。
まだ繋がっていてくれたのがすごく嬉しかったです。



みんな最後の色塗りはペースがあがりました。
子どもたちは色塗りが大好きなんですね。



独特なデザインの波模様ですね。子どもたちの感性は
すごくて毎回違う鯛車ができて、とても新鮮味がありますね。



あかりをつけた瞬間の子どもたちの表情が
私はたまらなく好きです!



この瞬間が鯛車づくりがどうだったのかわかりますね。



今回の教室では人数が多かったのでチームで鯛車を作ってもらいました。
それでは完成した鯛車のお披露目です。

とても息のあった兄弟でした。
完成した鯛車もなんだか2人に似てますね。



こちらは兄弟だと思うくらい2人で黙々と頑張っている姿が
印象的でした。思わず鯛車を撫でてますね!



こちらの仲良し2人組の鯛車は角田山の緑がキレイにできました。
この2人は夏休みでも毎日一緒にいるそうですよ!
いい夏休みになってくれたら嬉しいです。



この子は途中で1人での作業になりましたが、
無事にMY鯛車の完成です!



こちらも仲良し2人組。名前も一文字違い。
初めての鯛車うまくできました!これからもずっと2人でいてほしい。




この姉妹は唯一他の子どもたちと違う学校でしたが、
みんなとうまくやってましたね。
妹が積極的なのが印象的でした!鯛車も個性的!



最後に参加してくれたみんなでの記念撮影です。



最後まで参加できなかった子どもたちもいましたが、
みんなで鯛車を蘇らせてくれました。きっと先輩達も喜んでいますよ。
完成発表会では笑いあり、涙ありの思い出に残る一日になりました。



そして、この鯛車は地元の村祭りにも参加したんですよ。
巻の竹野町という地区で毎年、戦争で亡くなった方たちの霊を慰めるために
川まで灯籠を持っていき、流すお祭りがあります。
その灯籠祭りに4年前より、子どもたちが作った鯛車も
参加させていただいています。


鯛車も灯籠流しと同じで霊を慰める意味もあります。
子どもたちにとっても鯛車の意味を考えてもらう
良いきっかけになるお祭りでした。


鯛車と灯籠がとてもキレイでした。
村の人たちは鯛車のゴロゴロと車輪の鳴る音で
みんな外に出てきます。


子どもたちにとって良い思い出づくりになれたら嬉しいですね。
またこれからも毎年続けて行きたいと思います。
鯛車を作ったみんな、
とても暑くて、熱い夏休みをありがとうございました!!



















2012年8月4日土曜日

千灯祭りに参加しました!

夏はイベントが目白押しです!
本当はすぐにアップできればいいのですが。。

新潟の本町で7月28日(土)に
千灯祭りが行われました。
千灯と呼ばれてますが、その数なんと6,000個!!
巻から出張した鯛車20台もカウントされましたね。

このイベントの前週に被災地の方を対象に
鯛車の絵付け教室をしましたが
参加してくれたご家族のみなさんも完成した鯛車を持ってきて
参加してくれました。
今回は貸し出しもしましたが、自分で作った鯛車を引くのは
格別ですよね!

絵付けワークショップの様子はこちら↓
http://taiguruma.blogspot.jp/2012/07/blog-post_26.html


前週に参加していただいて完成した2台の鯛です。
あかりが付くのが楽しみですね!


鯛車の貸し出し開始です。
鯛車はどこにいっても人気者ですね。



浴衣姿の子どもたちが多くて
お盆のようでした!


絵付け教室に参加してくれた仲良し三人組。
自慢の鯛車が本町を練り歩きました。


6,000個の灯籠は遠くまでずっと続いてます。


石畳が絵になりますね!


鯛車の貸し出し会場です。
20台の鯛車が2時間のイベントで
70組のご家族が引いてくれました。

ということは1台が
3回以上も出張したことになりますね。



まち歩きの達人、野内さんが作った
鯛タンクです。車部分がラジコンになっていて
遠隔操作ができるんです。
男のロマンですね!
このイベントでは、偶然にも巻出身の方にお会いしたり
大学の先生、前に会社で一緒に働いていた方など
出会いがたくさんありました。

一番嬉しかったのは絵付けワークショップに参加した方と
またお会いできて、実際に作った鯛車を引いてもらえたことですね。
子どもたちがみんなイイ顔してましたね。
貸し出しを通じて鯛車もピーアールできたし大満足でした。
また来年も参加できたらと思います!