2013年10月11日金曜日

ビームスに鯛車を観に行ってきました。

少し前の話しになりますが、
プロジェクトの鯛車が唯一販売されている東京の
ビームスフェニカに行ってきました。

8月いっぱい鯛車コーナーを作っていただいたのですが、
その展示にはとても趣向が凝らされているもので
スタッフさんの様々なアイディアにはとても勉強になりました。


場所は原宿で、昨年から置いて頂いている
ビームスフェニカというビームスの中でも
クラフトを扱う店舗です。
服はもちろん書籍や小物類が充実しています。




右下にある灯籠の写真はスタッフの方が
お盆をイメージして作ってくれたものです。





紅白の紐の置き方も私の発想にはありませんでした。
鳥肌ものです!




こちらは新宿店のビームスジャパンの販売風景です。
ちょうど器の展示をしていたのでマッチしています!
ここ以外にも神戸店、そして巡回展で広島にも行って
売れたそうですよ!


今回原宿で置かせていただいたことから色々な出会いがありました。
新宿で新潟料理のお店を経営している方が巻出身の方で
ビームスに置いてある鯛車を見てものすごく喜んでくれて
私に連絡をいただき、今度東京でお会いすることになりました。
そして、これを見てくれた新潟の人と知り合い
今度は巻の教室に参加してもらえることになりました。
東京で新潟の人と繋がるっておもしろいですよね。

また、バイヤーの方が鯛車を1台ロンドンに持っていってくれました。
ロンドンの人たちには一体どんなふうに見られるんでしょうね。
今までもそうでしたが、鯛車は人づてにどんどん予想もしない
場所に旅をしているようです。
フランス、イギリス、アメリカときたら次はアジア進出ですかねw
夢はふくらむばかりです。


バイヤーさんから届いた写真です。
これは成田にて。

これはロンドンに着いた鯛車です!



ビームスの帰りには大学の先輩(卒業して出会いました)の写真展を観に
神楽坂のギャラリーへ行きました。
この先輩は田村収さんといって建築の記録写真を大学卒業からずっと
とり続けている方です。

これなんだかわかります??



戦争時に作られた飛行機を格納する基地だそうです。


千葉県の茂原市にはまだいくつかこの格納庫が林の中に残っているようです。
田村さんの視点は毎回おもしろく、毎年この時期にギャラリーで展示を
されているのですが、これからも絶対観にいきたいと思います。
田村さん、お忙しい中時間をとっていただきありがとうございました!


0 件のコメント:

コメントを投稿