2013年3月28日木曜日

母校で鯛車教室!!

題名の通り、私の母校でもある「巻高等学校」で
鯛車教室が実現しました!

実は前から個人的に狙ってました(笑)
昨年、校舎が新築になりずっと中に入りたいと思っていたんです。

昨年秋の鯛車教室で、巻校の美術部の生徒が参加してくれたのですが、
模試の関係で8回中4回しか参加できませんでした。

ですので今回は残りの4回を2回に短縮して
場所を巻高校に移しての開催が決まったんです。

コンクリート打ちっぱなしの近代的な建物に変わりました!
昔の面影は何もありません。



入るとすぐに中庭が見える大きな窓がありました。
なんだか大学の校舎みたいです。



廊下がギャラリーみたいになってました。
全然、高校っぽくない!



キレイで広い美術室。
なんだか懐かしく、うらやましい!


はじまりました!
このチームは紙貼りからの続きです。




このチームは色塗りにはいってます。
金の卵だけあって斬新な模様と色ですね。
小学生の感性とまた違ったものがありますね。



なぜか錦鯉泳いでます(笑)




これは巻校の校章です。
これが、、、


なんと鯛車のヒレに変りました!
すごい発想!!



こちらは来週から色塗りです!



来週はいったいどんな色塗りが見られるか
楽しみですね!


母校での鯛車教室、とても想い入れ深いものがありました。
まさかこんな形で戻ってくることになるとは思ってもいませんでしたから。

教室の中には4月から3年生になる生徒もいて、
大学についての話しを聞きましたが、
美術部だけあってやっぱり美大を狙ってるんですね。
地元が巻の子は、長岡造形大も第二志望あたりに入っているそうです(笑)
もし造形大に入ったら、ぜひ鯛車のプロジェクトに入ってもらって
一緒にやっていこうと話しをしたのがなんだか
すごく嬉しかったです。
もちろん第一志望の東京の大学を応援したいのですが。

ただ、運命はどうなるのかわかりません。
また来週もこの子とはいろんな話しをしてみたいです。

それでは来週の教室もお楽しみに!!





鯛車メンバーが「鯛の蔵」で個展をします!!



よくブログにも登場する鯛車復活プロジェクトのメンバーでもある
西方さんが、「鯛の蔵」で4月より個展を開催することになりました。
その名も「オモシロ手拭い展」です!!

西方さんは手ぬぐいの拾集家で自宅に山ほどのコレクションを
お持ちです。
今回はその一部を展示していただくことになりました。

展示作業の日にちょうど遊びにきた
プロジェクトの長の小林さん。
サングラスがカッコイイですね!


西方さんの奥様もお手伝いにきてくれました。
2人でああでもない、こうでもないと配置を決めていた姿が
とても微笑ましかったです。


少しだけおもしろい、手ぬぐいを紹介したいと思います。

うさぎが窓から覗いてます。
かわいいですね。


「ありがとう」と描いてあるのわかります??




還暦を迎えた方の愚痴がひたすら書いてある
めずらしい手ぬぐい。



ビール工場まで行って手に入れた
アサヒの手ぬぐい。



西方さんが作ったオリジナルの手ぬぐいです。
イラストも自分で描いたそうです。うますぎです!

西方の「に」のマークは昔の火消しのマークだそうですよ。
今度、鯛車の手ぬぐいも作ってもらいましょうか(笑)



鯛車だけに鯛の手ぬぐい。



会場はこんな風になりました。
もちろん鯛車も見れますよ!




80枚の手ぬぐいが飾られた鯛の蔵 2Fにぜひ遊びにきてください。

あたたかくなったら西方さんより
手ぬぐいのおはなしの日を設けてもらいますので
また日にちが決まったらこの場でお知らせしますね!



——————————————————————————————————————

話しは変りますが
先日、土田ディレクターと巻の商工会の方向けに
私たちの活動を伝える講演会を行ってきました。
DVDが流れないなど、トラブルはありましたが
私たちのやってきたこと、想いは伝えられたかと思います。
これからも機会があれば町の人たちに伝える活動も必要なのかなと
感じましたね!

説明をする土田さん。
土田さんの話しを聞いて改めて
10年も経つんだなと、しみじみ思いました。


新潟日報にも掲載されました。





小さな工場のお菓子屋さん〜パート4




先日、ひさしぶりに和菓子屋の「たけうち」さんへ
行ってきました。
私の娘も9ヶ月になり、外にも出歩けるようになったので
散歩がてら連れていきました。

角田山と弥彦山が一望できます。
ほんとにうらやましい。


娘も舌を出して嬉しそう。



チラシもサクラが入り、
春バージョンになってましたね。


行くと必ずお菓子を出してくれます。
しかも普通に売り場から(汗)


ここは和菓子そのもの、入れ物など無駄がなく
洗練されています。非常に参考になります。
ご主人のセンスなのか人柄なのか。



お薦めのイチゴ大福、桜餅を求めぜひ「たけうち」へどうぞ!!

地図と「たけうち」バックナンバーはこちらから↓