2014年1月7日火曜日

鯛車 in ガルベストン Part.6

だいぶ空いてしまいましたが、
ガルベストンでの第6話のスタートです!
意外に読んでくれている人がいてびっくりです。
ありがとうございます。


ではでは続きを↓

教室とロータリークラブのスピーチを終えても
まだまだガルベストンの予定はいっぱいです。

終盤には鯛車をお披露目する光のイベントが
あるのですが、その前に何をしてきたのか
簡単に説明しますね。かなりユルいですけどね。

この日はヒューストンに行き、市役所の小山さんの
ボスでもある夏目さんを空港まで迎えに行きました。


この夏目さん、新潟市の国際課の方なのですが、
海外の色々なところに行っていて話しがすごくおもしろくて
気さくな方でした。小山さんも良い人がボスでとても仕事がしやすそうでしたね。
今回は本当に良い人に恵まれたからこそ充実した旅が送れたんですね。

ガソリンスタンドで店員さんのマネ!?
をする夏目さん。


夜はガルベストンの中心街で行われた
ジャズライブを堪能!


この日は夜ゼント夫妻(奥さんはデビー)より
ホテルの最上階でディナーをご馳走になりました。
さすがに写真をパシャパシャ撮る雰囲気ではなかったので
この日はお休みです。



翌日からはダイジェストでそうぞ。

ザモラから朝食に連れていってもらった
「I HOP」!!


ここはパンケーキのお店です。
ガルベストンの海を眺めながら贅沢な朝でした。



そして店員さんがかぶっているキャップをなぜだか
全員分プレゼントされました。
長崎屋がこのお店の日本の権利を持っていて
倒産する前は日本にもこのお店はあったようです。


そしてその「I HOP」キャップを被りながら
高校を訪問しました。完全に悪ノリです。
ただ高校生には誰からも突っ込まれなかった。。。



巻に来たビバリーが美術の先生を
やっているクラスのある高校なんです。



学校のマスコットもおもしろいですね!




これは巻チームのダンカン博士の部屋です。
ダンカンは音楽と美術の先生をやっています。



これは鯛車の台座が作られた技術室ですね。




市役所へも訪問し、市長や側近の方々と記念撮影。
今後の関わり方についてお話してきました。
ガルベストンでは市長は無給らしくびっくり!






これは教育委員会の議場ですね。
鯛車本人から、ガルベストンであまり休みが無いという
訴えがありましたが、私は却下させてもらいました笑



帰りにダンカンよりマルディグラのお祭りで
つける仮面をもらい大喜びの野口。




ホテルの敷地内の水族館にいたペンギンです。
初めて体を触ったのですが、
見た目と違って固いんですね!


これはお昼にいったバーベキューのお店。
これがアメリカンスタイル!?
なんだかお祭りで売ってるドリンクみたい。

自分で好きな肉を選んでパンに挟めて食べる。
ピクルスなどもあり、とてもヘルシー!





そしてここからは乗り物編。
これはガルベストンの消防車。



ホテルの近くにある航空機博物館のジェット機。
かっこいい!!お金を出せば飛ばしてくれるそう。


あまりにも通いすぎたため、店員さんに働かないかと
誘われたくらいのクラークス。日本の半額以下だった。




そして最後にクリスマスが近かったので
トナカイと一緒に。


本当に満喫したガルベストンでのできごとでした。
外国ですが、町を歩いていても恐怖を
一度も感じませんでした。
そしてハリケーンの影響もあり、
町中はまだ復興途中でしたが、
ヒューストンに近い観光地として
栄えている施設はたくさんありました。

今まで他の国の観光地にも行ったことは
ありますが、どこに行っても日本人がたくさんいて
海外に来た!という実感が湧かなかったのが
ここでは6万の人口に対して日本人が
100人もいないので完全に外国でしたね。
ガルベストンの人たちにはチャイニーズか!?
とよく言われましたが。。。


ちょっと後半飛ばしましたが、
次回がいよいよラストになります。
光のイベントはものすごいことになりました。
次回もお楽しみに!



つづく

0 件のコメント:

コメントを投稿