2014年1月14日火曜日

鯛車 in ガルベストン Part.8

いよいよガルベストン滞在中
一番の大イベント「Festival of Lights」
http://www.moodygardens.com/festivaloflights/

が行われる日になりました。

このイベントは私たちを泊めていただいていた
デビーのホテル「ムーディーガーデンズ」の
敷地内を使った光のイベントです。
敷地内といってもかなりの面積があり
日本のリーゾートホテルの数倍の大きさはありました。
このイベントはクリスマスが始まる約1ヵ月前に
行われるものでガルベストン市にとっても
ものすごく大きなイベントなんだそうです。
初日の来場者数は一般参加者、視察団体など
合わせると1万人くらい。


そんな中に鯛車!!

鯛車は初日のメインイベントとして登場する予定でした。


そこまで大きなイベントとは思ってもいなかったので
内心ドキドキで望みました。


では紹介の前にこのイベントに先駆けて
なんと宣伝でアメリカのテレビにも出ちゃいました。
アメリカ全土ではないですが、テキサスのニュース番組なので
相当な人が観ていたに違いないです。しかも生放送!

番組中にスタンバイしている着ぐるみたち(笑)
これは早朝6時くらい。

こちらから番組が観れます↓
鯛車みつけてくださいね。
http://www.click2houston.com/news/moody-gardens-festival-of-lights-preview-ii/-/1735978/22986474/-/bhbvwtz/-/index.html




結局何かこちらでも鯛車のことを喋る予定だったのもなぜかカットされ
ひと安心!? でも朝5時からスタンバイしていた私たちって。。。


さあ、イベント内容に戻りましょう!
イベントは夕方から始まりました。


するとどんどん鯛車Tシャツをきた子どもたちが
集まってくるではありませんか。
しかもこちらでデザインしたものですよ!!
これだけでも大満足でした。

学校によって色違いのTシャツを着ています。
鯛車に関わった学校の子どもたちが
これから鯛車の歌と鯛車のパレードを行います。


真ん中は音楽の先生で鯛車の歌の指揮をとります。



子どもたちも先生たちも嬉しそう




なぜか日本語を話すおじいさん登場。
ガルベストンは親日家の人が多くてびっくりしました。




ん!?右手で隠れてるけど
JAPANって書いてありました。
名前はオースティン。




日本語が普通にうまい!!
自分で描いたそうです。
こちらの子はキアーナ。

この二人は高校生で鯛車パレードの間ずっと一緒に行動しました。
二人とも日本が大好きなようですよ。



そして鯛車教室に参加してくれた
ベトナムのリム&ジップ夫妻も
自作の鯛車を持ってきてくれました!!




鯛車Tシャツを着た子どもたちのスタンバイもOKです。
あたりはだんだんと暗くなってました。




出発直前、やっぱり壊れる鯛車ありますね。
急いで修復です! そんなことをしていると
みんなが上を見上げました。



ん??





え!?





サンタさん空からパラシュートで登場!!!!
やることがでかい。さすがアメリカ!


だいぶ引っぱりましたが、
サンタさんが着地していよいよイベントスタートです!!
しかもそのサンタさん、
着地点のトランポリンと全く違う所に降りました(笑)


子どもたちは一列になってパレードの開始です!



絵的にも日本と違ってなぜか
外国感たっぷりの鯛車パレード!



写真を撮る人、そしてものすごく人がいて大渋滞です。
これは日本でもお馴染みの光景ですね。





メイン会場に到着すると、さらにものすごい人、人、人。







子どもたちはこの日のために練習して来た
日本の歌とオリジナルで制作した「鯛車の歌」を
大合唱しました。これには感動でしたね。
お客さんからも拍手喝采!!
みんなありがとう!




合唱が終ってもパレードはまだまだ続きます。
初めて見る鯛車に不思議そうな子ども。



まわりはまるでディズニーランドにいるような装飾の数々。
これが毎日ホテルにきた人たちは観れるなんて
贅沢ですよね!



色とりどりの鯛車もとてもきれいでした。






そして終着点です。子どもたちも鯛車も
みんなおつかれさま!




教室の生徒のレスリーです。
頭に何かつけてますね(笑)
鯛車と一緒にとても個性的でした。


タミィも息子のサムと一緒にパレードに参加しました。
台車に入れたカタカナの「サム」の文字、きっと気に入った
ことでしょう。



近くにいた子どもたちも鯛車を引っぱってみたいと
どんどん近寄ってきました。




鯛車はアメリカでも十分に受け入れられましたね。



今回、私はパレードの一番後ろからついていって
写真を撮ったり、壊れた鯛車を直す作業をしてました。
前を走っていく鯛車とそのまわりの光景はなんだか
映画を観ているようなそんな空気にさせてくれました。

子どもたちは本当に嬉しそうで、
鯛車に関わった子どもたちの
家族も一緒に参加しました。
また、初めて鯛車をみた人たちから
Beautiful ! の言葉をたくさんいただき、
そして鯛車と歌に感動して涙する人もいました。
教室に参加して自分の鯛車を引いた人、
ホテルのスタッフの人たち、
そしてガルベストンで本当によくしてくれたデビーはじめ
巻で一緒に鯛車を作ったメンバーのみんな、
全ての人たちに感謝です。


いつも思うのですが、鯛車のイベントは毎回
参加者全員で作られているもので
それはアメリカでも日本でも変わらないと思いました。
こんな風に言葉は通じなくても想いが通じ合えれば
きっとどこでもこのプロジェクトはうまく行くんだろうなと
改めて感じましたね。


大げさかもしれませんが、いつか
鯛車のプロジェクトを世界平和にもつながるような
そんな大きなプロジェクトにできたらなと思います。


これからも、さまざまな人たちを巻き込みながら
少しづつでも活動を続けて行きたいと思いますので
今一緒に活動しているみなさん、
そしてこれから新たに関わっていただくみなさん、
今後ともよろしくお願いします!




そして最後におまけです↓


ガルベストンの遠征メンバーの4人。
抜群のチームワーク!?だったと思います。




皆川さんのスーツケース、
お土産を入れすぎて超過料金&破損。。。
そこはしっかり落ちもあるんですね。



それでも大活躍だった皆川さん、
おつかれさまでした!

最後はザモラと記念撮影。




長くなりましたが、
とても有意義な時間を送らせてもらいました。
ガルベストンはとても素敵な町。
これからも鯛車を通して交流していきたいです。
ここまで読んでいただいたみなさん、
ありがとうございました!



※ガルベストン滞在記は
   以下からバックナンバーが見れます↓


0 件のコメント:

コメントを投稿