2014年5月5日月曜日

ねんどりこき!?

昨日の鯛の蔵の出来事です。
メンバーの西方さんから前日連絡がきて
おもしろいものを作ったので持ってきてくれるとのこと。


それが六角凧です!
真ん中に竹が1本入っているだけなので
くるくる巻いて収納できることから
巻凧とも呼ばれています。
この町にふさわしい名前!





1枚1枚に文字が書いてあるのですが、
これは「ねんどりこき」
何でも聞いてくるめんどくさい人という意味らしいですよ。



そしてこんなものも作ってきた西方さん↓


農具に和紙を張り、再利用したものがこちら。
素敵な証明ですね!中にろうそくが入ります。
午前担当の美智子さんと昔の田植えの話で
盛り上がりました!






そしてこの日は鯛の蔵の帰りにこんな人との出会いも!

祖父の家の近所にはプロジェクトには属してはいませんが
たくさんの鯛車を独学で作っている人がいます。

元巻役場で働いていた樋口さん。
こんな小さな2段組の鯛車を趣味で作られています。
しかも作った数が相当多いそうです。




お客さんが来るとプレゼントしているようですよ。
鯛車がもらえたら嬉しいですよね!
ガラスのケースも自分で作るようです。




そしてこんなものも発見!
新発田の金魚台輪でした!
50代以上もつくったそうです。
その好奇心から新発田の職人さんにも
会いに行ったそうです!



趣味でこんな風に作っている人がいるのも嬉しいですね。
ぜひ今度私たちの教室にも遊びにきておしえてほしいですね。
まだまだ巻の町には鯛車を作っている人が実はたくさんいそうです。
見つけたらまたレポートしたいと思います!











0 件のコメント:

コメントを投稿