2014年12月4日木曜日

全てがアメリカンサイズ!!

本題前に、前回の続きで
おもしろい??話しがありましたのでひとつだけ。

この前お話した徹夜で鯛車を修理した話しの続きです。
こちら↓
ガルベストンの旅−3




鯛車は目玉の形を溶かしたロウソクで塗るのですが、
フリーハンドで描くウロコの模様と違って
目玉は左右均等のスペースに入れるため
ロウを塗る前に鉛筆で薄く下書きします。

しかし鯛車を修理していた深夜3時に鉛筆を持っていませんでした。
ボールペンはあったのですが、線が濃くなって残ってしまうし
まさかフリーハンドで変な形になるのも嫌で
渋々ホテルのフロントに借りに行くことにしました。

フロントには大柄な女性のスタッフが座っていました。
つたない英語で鉛筆を貸してくださいというと
不思議な顔をされました。それはそうですよね。
変な日本人が深夜3時に鉛筆を貸してくれと言っている。
なんとか笑顔で切り抜け無事に完成させました。

完成した鯛車は朝ヒューストンの方がホテルのフロントに
受け取りに来る予定だったので

鉛筆を借りたその3時間後、完成した鯛車6台を持って
フロントに行きました。
また同じスタッフの人がいて、鉛筆を借りたときよりも
不思議な顔をされました。
変な日本人が赤い魚の形をしたものを大量に持って
何か言っている。。。

もう少し英語が話せれば、言い訳もできたのに。
これから頑張りますね。



ようやく本題に入りますが、
ガルベストンでは!?なことが山ほどありましたので
それを紹介したいと思います。


全てがデカい、量が多い!!


普通のスーパーでバナナ、バナナ、バナナ!
思わず買ってしまいました。





牡蠣フライを頼むとほとんどが
フレンチフライ。。。



普通の朝ご飯。分厚いハム、目玉が三つ、
2段重ねのパンケーキ。コーヒーにオレンジジュースがセットで
ついてきます。ここのお店は3回行きました笑



肉のおまけで肉がついてました笑
そしてまたフレンチフライ!!





スーパーのカートについた車。
写真だとわかりにくいけど巨大カートの前に
二人乗りの車がついてます。これが停まっているだけで
道をふさいで大渋滞が起きました。。。




イオン南くらいの大きさがある豪華客船。
港に停まっていました。こんなデカい船初めて見ました。
屋上にウォータースライダー、ヘリポートまであります。
いつか乗ってみたいです。




特に食事については想像していた以上でした。
昨年ほとんどの食べ物にフレンチフライがついてくることが
わかり、今回はその教訓を活かしてなるべく避けてきたのですが
まさかカキフライ頼んでのフレンチフライは想像を超えていました。
朝パンケーキのお店に行ったと書きましたが、
あの直後、まさかのドーナツやに行ってドーナツ食べたりもしたんですよ。
夕食はどう考えても食べれない量が出てくるので二人でシェアして
食べたり、朝ご飯用に持ち帰ったり、だいぶ考えましたね。

今回は鯛車のことをほとんど書かなかったので次回は
たっぷり鯛車ネタでいきたいと思います。

それではお楽しみに!








0 件のコメント:

コメントを投稿