2014年1月23日木曜日

鯛車と原発。

先日、鯛車東京チームの宮下さんから
鯛車を映画の上映会で展示してプロジェクトの紹介を
したいというお願いがきました。

なぜ映画に鯛車が必要だったかというと
映画の内容が私が住んでいる巻をテーマに
したものだったのです。
この映画がこれです↓
「渡されたバトン~さよなら原発~」



知っている人も多いかと思いますが、
巻町は今から約30年前、原発の建設予定地でした。
私が中学生の時に原発建設をめぐる住民投票が
行われました。これは全国初で当時は
大きくメディアに取り上げられ
巻町はいろんな意味で一気に知名度があがりました。
私は父の転勤先から巻に戻ってきたばかりで
まだものごころが付く前だったので
正直なところそれほど関心がありませんでした。
ただ、当時友達のおばあちゃんが原発予定地の
土地を買ったという話しを聞いたり、テレビでよく
巻の町が映っていたり、町が慌ただしく動いていたのは
なんとなく憶えています。

結局、住民投票では反対派が圧勝。
さきほどの友達の話のように
予定地だった町有地は反対派へ売却され
巻原発は撤回されました。

ただ、撤回はされたものの
町と町に住んでいる人たちに大きな傷が残ったのは確かです。
今でも反対派と賛成派にわだかまりが残っています。
知り合いの人で原発問題によって職を失った人も
いますし、反対で決まったとしても
誰も良い思いをした人なんていなかったんです。



そんな原発の映画に鯛車を紹介したいと宮下さんから
お話があった時は正直戸惑いました。
鯛車は巻のものだけど原発とは関係ないし、
どう絡めたらよいのかわからない。

でも冷静に考えてみたら、巻=原発というイメージを
巻は「鯛車の町」というように変えることができたら
いくらでも協力したいと思ったんです。
宮下さんは一昨年、巻を訪れ町中を私と一緒に回りました。
その時は一度も原発の話しをしなかったのですが、
宮下さんが自分の目で見た、今現在の巻の町を紹介したい
という想いがあったようです。


宮下さんは所属はしていないのですが
今回上映会を企画した会はこちら↓
http://tokorozawa-action.com/


3.11から原発について考えることが多くなりましたが、
自分の町にもし原発ができていたらどうなっていたんだろう。
きっと自分の生活も変わっていたんだろうなと
今回改めて考えるきっかけになりました。


宮下さん、ありがとうございました。
とても感謝しています。
それでは上映会の様子を宮下さん、
そして様子を観にいった皆川さんから画像を送ってもらったので
紹介したいと思います。

1/13(月・祝)場所は
所沢市民文化センターミューズ・マーキーホール。



とても大きな会場だったそうです。


入場口に鯛車を展示してもらいました。




宮下さんが表参道の教室で作った鯛車です!!
今年の表参道教室のチラシも置いてもらいました。


鯛車の歴史説明、宮下さんが巻に来て
撮った写真も飾ってありますね。



宮下さんと鯛車。
プロジェクトの活動も
ファイルを使って紹介してもらいました。


来場者数は500名を超すたくさんの人が入ったようです。
それだけ原発に関心を寄せる人たちが多いということですよね。
全国で巡回して上映していますので以下のホームページから
放映日を確認してぜひ足を運んでみてください。



宮下さんと教室で出会えて、こんなふうに
今繋がっていることがとても不思議です。
ありがとうございました。



2014年1月14日火曜日

鯛車 in ガルベストン Part.8

いよいよガルベストン滞在中
一番の大イベント「Festival of Lights」
http://www.moodygardens.com/festivaloflights/

が行われる日になりました。

このイベントは私たちを泊めていただいていた
デビーのホテル「ムーディーガーデンズ」の
敷地内を使った光のイベントです。
敷地内といってもかなりの面積があり
日本のリーゾートホテルの数倍の大きさはありました。
このイベントはクリスマスが始まる約1ヵ月前に
行われるものでガルベストン市にとっても
ものすごく大きなイベントなんだそうです。
初日の来場者数は一般参加者、視察団体など
合わせると1万人くらい。


そんな中に鯛車!!

鯛車は初日のメインイベントとして登場する予定でした。


そこまで大きなイベントとは思ってもいなかったので
内心ドキドキで望みました。


では紹介の前にこのイベントに先駆けて
なんと宣伝でアメリカのテレビにも出ちゃいました。
アメリカ全土ではないですが、テキサスのニュース番組なので
相当な人が観ていたに違いないです。しかも生放送!

番組中にスタンバイしている着ぐるみたち(笑)
これは早朝6時くらい。

こちらから番組が観れます↓
鯛車みつけてくださいね。
http://www.click2houston.com/news/moody-gardens-festival-of-lights-preview-ii/-/1735978/22986474/-/bhbvwtz/-/index.html




結局何かこちらでも鯛車のことを喋る予定だったのもなぜかカットされ
ひと安心!? でも朝5時からスタンバイしていた私たちって。。。


さあ、イベント内容に戻りましょう!
イベントは夕方から始まりました。


するとどんどん鯛車Tシャツをきた子どもたちが
集まってくるではありませんか。
しかもこちらでデザインしたものですよ!!
これだけでも大満足でした。

学校によって色違いのTシャツを着ています。
鯛車に関わった学校の子どもたちが
これから鯛車の歌と鯛車のパレードを行います。


真ん中は音楽の先生で鯛車の歌の指揮をとります。



子どもたちも先生たちも嬉しそう




なぜか日本語を話すおじいさん登場。
ガルベストンは親日家の人が多くてびっくりしました。




ん!?右手で隠れてるけど
JAPANって書いてありました。
名前はオースティン。




日本語が普通にうまい!!
自分で描いたそうです。
こちらの子はキアーナ。

この二人は高校生で鯛車パレードの間ずっと一緒に行動しました。
二人とも日本が大好きなようですよ。



そして鯛車教室に参加してくれた
ベトナムのリム&ジップ夫妻も
自作の鯛車を持ってきてくれました!!




鯛車Tシャツを着た子どもたちのスタンバイもOKです。
あたりはだんだんと暗くなってました。




出発直前、やっぱり壊れる鯛車ありますね。
急いで修復です! そんなことをしていると
みんなが上を見上げました。



ん??





え!?





サンタさん空からパラシュートで登場!!!!
やることがでかい。さすがアメリカ!


だいぶ引っぱりましたが、
サンタさんが着地していよいよイベントスタートです!!
しかもそのサンタさん、
着地点のトランポリンと全く違う所に降りました(笑)


子どもたちは一列になってパレードの開始です!



絵的にも日本と違ってなぜか
外国感たっぷりの鯛車パレード!



写真を撮る人、そしてものすごく人がいて大渋滞です。
これは日本でもお馴染みの光景ですね。





メイン会場に到着すると、さらにものすごい人、人、人。







子どもたちはこの日のために練習して来た
日本の歌とオリジナルで制作した「鯛車の歌」を
大合唱しました。これには感動でしたね。
お客さんからも拍手喝采!!
みんなありがとう!




合唱が終ってもパレードはまだまだ続きます。
初めて見る鯛車に不思議そうな子ども。



まわりはまるでディズニーランドにいるような装飾の数々。
これが毎日ホテルにきた人たちは観れるなんて
贅沢ですよね!



色とりどりの鯛車もとてもきれいでした。






そして終着点です。子どもたちも鯛車も
みんなおつかれさま!




教室の生徒のレスリーです。
頭に何かつけてますね(笑)
鯛車と一緒にとても個性的でした。


タミィも息子のサムと一緒にパレードに参加しました。
台車に入れたカタカナの「サム」の文字、きっと気に入った
ことでしょう。



近くにいた子どもたちも鯛車を引っぱってみたいと
どんどん近寄ってきました。




鯛車はアメリカでも十分に受け入れられましたね。



今回、私はパレードの一番後ろからついていって
写真を撮ったり、壊れた鯛車を直す作業をしてました。
前を走っていく鯛車とそのまわりの光景はなんだか
映画を観ているようなそんな空気にさせてくれました。

子どもたちは本当に嬉しそうで、
鯛車に関わった子どもたちの
家族も一緒に参加しました。
また、初めて鯛車をみた人たちから
Beautiful ! の言葉をたくさんいただき、
そして鯛車と歌に感動して涙する人もいました。
教室に参加して自分の鯛車を引いた人、
ホテルのスタッフの人たち、
そしてガルベストンで本当によくしてくれたデビーはじめ
巻で一緒に鯛車を作ったメンバーのみんな、
全ての人たちに感謝です。


いつも思うのですが、鯛車のイベントは毎回
参加者全員で作られているもので
それはアメリカでも日本でも変わらないと思いました。
こんな風に言葉は通じなくても想いが通じ合えれば
きっとどこでもこのプロジェクトはうまく行くんだろうなと
改めて感じましたね。


大げさかもしれませんが、いつか
鯛車のプロジェクトを世界平和にもつながるような
そんな大きなプロジェクトにできたらなと思います。


これからも、さまざまな人たちを巻き込みながら
少しづつでも活動を続けて行きたいと思いますので
今一緒に活動しているみなさん、
そしてこれから新たに関わっていただくみなさん、
今後ともよろしくお願いします!




そして最後におまけです↓


ガルベストンの遠征メンバーの4人。
抜群のチームワーク!?だったと思います。




皆川さんのスーツケース、
お土産を入れすぎて超過料金&破損。。。
そこはしっかり落ちもあるんですね。



それでも大活躍だった皆川さん、
おつかれさまでした!

最後はザモラと記念撮影。




長くなりましたが、
とても有意義な時間を送らせてもらいました。
ガルベストンはとても素敵な町。
これからも鯛車を通して交流していきたいです。
ここまで読んでいただいたみなさん、
ありがとうございました!



※ガルベストン滞在記は
   以下からバックナンバーが見れます↓


2014年1月8日水曜日

鯛車 in ガルベストン Part.7

まだ続くの!?と思われている方もいるかもしれませんが
これでもかなり省略しているのです(汗)
もう少しだけお付き合い下さい。。。



光のイベントの前にもう少しガルベストンで
紹介しておきたかったことがありますので紹介しますね。
たまには鯛車の出番もお休みさせないと(笑)

早朝から向かった先は、、、




ガルベストンの朝市です。
カラフルなテントの下に様々なお店が並びます。




気になったお店はというと、ここの手作りジャム屋さん。
バナナのジャムを試食したらものすごく美味しかったです。
瓶が重いのであまり買って帰れないのが難点でした。


もう一つは石鹸屋さんですね。
お土産を買って一緒に記念撮影。




ガルベストンのダウンタウン。
レールがあるから昔はここに電車が走ってたんでしょうね。




そして町中の雑貨屋さんにいた犬。
ブルテリア??


町の古本屋さん。
漫画、建築、絵本、小説などなど
長い時間ここにいました。




こんなめずらしいところにも行きました!
ドライブスルーしかないハンバーガーショップ。
何個もドライブスルーの機械が並んでいて、
お店の人が頼んだ商品を持ってきてくれます。
このまま車の中で食べている人もいました。




ホテルの中には熱帯雨林の植物園もありましたよ。




ホテルの敷地内で一日中いれそうですね!



ホテルの施設のレストランで食べたランチ。
この国はいつでもポテトがつくんですね(笑)
下の緑色の細長いのがピクルスで
かじりながらサンドウィッチを食べるんです。


ホテルの事務所でのデビーと小山さんのツーショット★
この二人がいなかったら今回のプロジェクトは
ありえませんでした。感謝しています。



ガルベストンの街で感じたのは
みんながとてもフレンドリーなことでした。
ファーストフードで食べ物を頼んだとすると
わざわざ店員さんが美味しいかどうか聞きにきてくれます。
これはどんな小さな店でもそうでした。
小さな思いやりも、もしかしたら
当たりまえのことかもしれないですが
とても大事なことですよね。
とても印象深いできごとでした。


そして次回からは
(相当引っぱりましたが)
ようやくメインイベントをお伝えしますね!



つづく








2014年1月7日火曜日

鯛車 in ガルベストン Part.6

だいぶ空いてしまいましたが、
ガルベストンでの第6話のスタートです!
意外に読んでくれている人がいてびっくりです。
ありがとうございます。


ではでは続きを↓

教室とロータリークラブのスピーチを終えても
まだまだガルベストンの予定はいっぱいです。

終盤には鯛車をお披露目する光のイベントが
あるのですが、その前に何をしてきたのか
簡単に説明しますね。かなりユルいですけどね。

この日はヒューストンに行き、市役所の小山さんの
ボスでもある夏目さんを空港まで迎えに行きました。


この夏目さん、新潟市の国際課の方なのですが、
海外の色々なところに行っていて話しがすごくおもしろくて
気さくな方でした。小山さんも良い人がボスでとても仕事がしやすそうでしたね。
今回は本当に良い人に恵まれたからこそ充実した旅が送れたんですね。

ガソリンスタンドで店員さんのマネ!?
をする夏目さん。


夜はガルベストンの中心街で行われた
ジャズライブを堪能!


この日は夜ゼント夫妻(奥さんはデビー)より
ホテルの最上階でディナーをご馳走になりました。
さすがに写真をパシャパシャ撮る雰囲気ではなかったので
この日はお休みです。



翌日からはダイジェストでそうぞ。

ザモラから朝食に連れていってもらった
「I HOP」!!


ここはパンケーキのお店です。
ガルベストンの海を眺めながら贅沢な朝でした。



そして店員さんがかぶっているキャップをなぜだか
全員分プレゼントされました。
長崎屋がこのお店の日本の権利を持っていて
倒産する前は日本にもこのお店はあったようです。


そしてその「I HOP」キャップを被りながら
高校を訪問しました。完全に悪ノリです。
ただ高校生には誰からも突っ込まれなかった。。。



巻に来たビバリーが美術の先生を
やっているクラスのある高校なんです。



学校のマスコットもおもしろいですね!




これは巻チームのダンカン博士の部屋です。
ダンカンは音楽と美術の先生をやっています。



これは鯛車の台座が作られた技術室ですね。




市役所へも訪問し、市長や側近の方々と記念撮影。
今後の関わり方についてお話してきました。
ガルベストンでは市長は無給らしくびっくり!






これは教育委員会の議場ですね。
鯛車本人から、ガルベストンであまり休みが無いという
訴えがありましたが、私は却下させてもらいました笑



帰りにダンカンよりマルディグラのお祭りで
つける仮面をもらい大喜びの野口。




ホテルの敷地内の水族館にいたペンギンです。
初めて体を触ったのですが、
見た目と違って固いんですね!


これはお昼にいったバーベキューのお店。
これがアメリカンスタイル!?
なんだかお祭りで売ってるドリンクみたい。

自分で好きな肉を選んでパンに挟めて食べる。
ピクルスなどもあり、とてもヘルシー!





そしてここからは乗り物編。
これはガルベストンの消防車。



ホテルの近くにある航空機博物館のジェット機。
かっこいい!!お金を出せば飛ばしてくれるそう。


あまりにも通いすぎたため、店員さんに働かないかと
誘われたくらいのクラークス。日本の半額以下だった。




そして最後にクリスマスが近かったので
トナカイと一緒に。


本当に満喫したガルベストンでのできごとでした。
外国ですが、町を歩いていても恐怖を
一度も感じませんでした。
そしてハリケーンの影響もあり、
町中はまだ復興途中でしたが、
ヒューストンに近い観光地として
栄えている施設はたくさんありました。

今まで他の国の観光地にも行ったことは
ありますが、どこに行っても日本人がたくさんいて
海外に来た!という実感が湧かなかったのが
ここでは6万の人口に対して日本人が
100人もいないので完全に外国でしたね。
ガルベストンの人たちにはチャイニーズか!?
とよく言われましたが。。。


ちょっと後半飛ばしましたが、
次回がいよいよラストになります。
光のイベントはものすごいことになりました。
次回もお楽しみに!



つづく