2015年1月24日土曜日

モスバーガーと鯛車。

昔から大好きなハンバーガーやさんです。
ファーストフード店の全くない私の町にも奇跡的に昔からあります。
休みの日はいつも混んでいます。
昨日、新聞の記事について書きましたが
先日巻のモスバーガーに行って
カウンターで注文をしていたところ、
厨房から店長さんが顔を出して
この前、読売新聞見たよ!とおしえてくれました。


なぜそこの店長さんと知り合いかというと
10年前のあることがきっかけでした。

私がプロジェクトを立ち上げた2005年に話しは遡りますが
巻のモスバーガーに1枚の応募用紙があったんです。
それはモスバーガー主催の「ワクワクタウン大作戦」という
題名のとおり町をワクワクさせるチームを
モスバーガーがサポートするといった内容。
これは!と思い、活動内容がわかる報告書を送ったところ1次審査を通りました。
2次審査はモスバーガーから委託を受けたライターの方が
わざわざ新潟まで取材に来られました。
その結果、運良く2次審査まで通過し、
最終審査はモスバーガーの本社でプレゼンをすることになったんです。

この時に初めて、今一緒に活動している皆川さんと行動を共にするように
なるのですが、皆川さんも一緒にプレゼンを手伝ってもらうことになりました。
与えられた時間は7分。
過去に皆川さんが、おなじような時間の決まったプレゼンをやった際に
時間をオーバーしてしまって、審査員の先生に怒られた経緯があったんですね。
時間をぴったりに終わらせなければ、プレゼンの意味がないとおしえてもらい、
当日読むための原稿を作って望みました。
プレゼン前日はモスバーガーから用意してもらったホテルで
2人で何度も時間を計りながら読み合わせました。

そしてプレゼン当日、
私たちの番は最終に残った6チームのうち最後だったのですが、
練習通りに7分ぴったりに終わらせることができ、
質疑応答の際にはモスバーガーの会長さん(顧問の先生?)が
机をドンっと叩いて、生まれきて鯛車を知ることができてよかった!
と、なんとも嬉しいお言葉をいただけました。


まだ若い2人...w
10年前ですからね。


半年間の活動をまとめた映像をプレゼンでは流しました。



その結果、見事に受賞が決まり、
1年間モスバーガーからサポートを受けることになったんですよ。

一番嬉しかったのは発表前のお昼に
いろんな種類のハンバーガーが机の上にたくさん並び食べ放題!
全て食べきれなかったので鞄に入れて持って帰ろうと思ったくらいです(笑)

受賞した3チームです。鯛車の他に仙台の笹舟チーム、
青森の白鳥チームが選ばれました。
詳細はこちら


ちょうどその頃に巻のモスバーガーの店長さんと出会い、
受賞のために作られたポスターをお店に貼っていただいたり、
巻で開催する鯛車教室の告知などをお店でしていただきました。
モスバーガーで鯛車のポスターを見た方が教室に参加してくれて、
若い生徒さんがきてくれたり、参加者層の広がりができたのもその頃でしたね。

モスバーガー巻店の店内に飾られた
ポスターとペーパークラフト。



そしてモスバーガーの社長さんには当時、小さいお子さんがいて
鯛車の注文をもらい本社まで届けたらすごく喜んでいただけて、
しばらく交流が続いたんですよ。とても気さくな方で、
後日、鯛車を東京のお盆に連れて行った話しなど聞かせてもらいました。
最近は全く交流がありませんが、
テレビに出られていたのを見て元気そうで良かったです。
社長さん、店長さんはじめ鯛車の活動をしていなければ
出会えなかった人たちばかりです。人の出会いは不思議ですよね。

そんなことで、今でもモスバーガーに行くたびに
当時のことを思い出します。




0 件のコメント:

コメントを投稿