2015年11月15日日曜日

教室最終日がやってきました!!

いよいよ教室の最終日。
長いような、あっという間というか
何か複雑な感じがしました。
せっかくみんなとコミュニケーションが
とれるようになり、仲良くもなれたので
本当はもっと長い時間一緒に作っていたかったのが本音です。
出会いがあれば別れも必ずきます。

それではどうぞ。



教室の近くで馬車が歩いていた
そんな朝でした。





この日はロウソクを塗るところからスタートです。






こちらでは床に座る文化がないので
みんな立ちながらロウを塗ります。
テーブルを高めにするリクエストもありました。
ここにも文化の違いが!



これはグラデーションをつくるための実演です。
ここの時がみんなからの質問が
一番多かったですね。





おっ!オレンジが鮮やかな鯛車ですね。
作者はナンシーで、洋服の雰囲気に
すごく合っていますね。




こちらは唇のついた鯛車を。
おもわず自分でもポーズをとるエリッサ。



この鯛車、片方はこうやって見ると普通ですが
反対側はヒレをあえて付けないようで、しかも片目がなく眼帯(笑)
ガルベストンの歴史の中で実際に海賊が登場したようで
パイレーツ(海賊
)をイメージしてつくったようですよ。





なんと3回目のロデリック!
ラヴ、ラフ、ライフ??と台座に書いてあります。
小学校の先生なのでどうやら学校の教育目標かなんかのようです。




こちらは水彩画の先生です。
鯛の本体は何か見たことある模様ですね。
実はこれ土台から全て

ニモをイメージしてつくったんです(笑)


何かこだわりのある鯛の顔ですね!
水玉模様がクール!


さすが経験者!手際よく色を入れていきます。
尻尾の模様もアーティスティック!!





そのテリーサのお母さんもなかなかうまい!
さすが親子だけありますね。



そしていよいよ最後のヒレつけです。
リミットは午前中。
果たして全員間に合うか!?




こちらは先に完成した二人
祝福のKissを!





そしてなんと、今回は全員が完成しました!!!!

昨年は終わらない人が多数いて、点灯式もできなかったので
今回こそはやりたかったんです。


そしてこちらはスリー・ツー・ワンのみんなの掛け声とともに
点灯しましたー!!




一瞬、シーンとなりましたね(笑)
みんな、おめでとうございます!






たまに青とか紫とかがあって並ぶとすごく素敵です。
今回はトラディショナルカラー(なぜか英語)
が多かったですね!すごく嬉しいです。
パイレーツ(海賊)鯛車いましたね(笑)



そして恒例の記念撮影で締めました!
全部で17台が完成です!


今回は三日半という日程だったのですが、
7時間、7時間、7時間、3時間というスケジュールで臨みました。
7時間は今まで日本でもやったことがなかったので
はじめは集中力が持たないじゃないかとか
色々と考えましたが、そんなことなかったです。
スタートからみんな飛ばしてましたのでスムーズに進みました。
完成して別れる時に、必ず来年も開催してくださいとか、
またガルベストンへ戻ってきてほしいとか、
嬉しい言葉をたくさんもらいました。
中には2回、3回と連続で参加してくれた人もいたので
別れが尚更寂しかったです。

新潟市の事業としては今年で終わりますが
何か違う方法を考えて、また
ガルベストンで教室ができたらいいなと思っています。
この小さな鯛車が繋いだご縁がここまで大きくなりました。
これからもこのみんなと過ごした時間を胸に
頑張っていきたいです!
こちらのつたない会話を聞き取ろうとしてくれた参加者の方々に
感謝したいです。ありがとうございました。




と、これでガルベストンの旅が終わりみたいに書いてますが、
ここでの旅はまだまだ続きます(笑)
これから鯛車が登場するフェスティバルオブライツや
他にも色々と残っていますのでまだまだお付き合いくださいね。


ということで番外編を。
この日は午後から昨年参加者のピーターから船に案内してもらいましたよ。




この船は対岸から対岸へ車を運ぶ船で
人だけでも無料で乗ることができます。
混む時は行列ができるそうですよ。


とてもアメリカらしい風景。
まっすぐな地平線がまるで映画に出てくるような
感じでした。



そしてこちらが目当て。
パンを空に投げると写真でもわかるように
至近距離でカモメがキャッチしてきます。
その数がものすごく多くてびっくりでした。
すごく楽しかったです!!

連れてきてくれたピーターありがとう!!
また次回も案内してね☆
最後は通訳でお世話になっているMayukoさんと一緒に記念撮影!





0 件のコメント:

コメントを投稿