2015年12月31日木曜日

「巻の鯛車と私」

ブログの題名に使ったフレーズは今井さんが
「ふるさとへ贈る手紙」で受賞した作文のタイトルです。

なんと今年を締めくくる素敵な作品が届きました!!
昨日、今井さんが鯛車の作文で受賞したお知らせを
こちらで紹介しましたが
なんと作文自体を送っていただきました!
それではどうぞ(クリックすると拡大します)








こんなに嬉しいことはありません!
住んでいるところは遠く離れていても
鯛車を通して気持ちはずっとつながっているんだなって
改めて思いました。

今井さん、また来年も巻に帰ってきてくださいね。
また私たちに元気をあたえてください!
巻のみんなは今井さんの帰りをいつでも待っていますよ。

こんなあたたかい気持ちで一年を終えることができて
今井さんには本当に感謝しています。
ありがとうございました。


それでは最後に、
今年お世話になった全ての人たちに感謝いたします。
来年はもっと鯛車の作り手を増やしたいと思っていますし
鯛車を知ってもらう機会も増やしていきたいです。
来年も鯛車復活プロジェクトと
巻の町を、よろしくお願いします!
みなさん良い年をお迎えください!









2015年12月29日火曜日

すごく嬉しいお知らせ!!

みなさん、すごく嬉しいお知らせをいただいたので
書かせていただきますね。

鯛車の東京チームの今井さんが応募した
鯛車についての作文が、この度受賞に決まったんです!!



https://www.city.niigata.lg.jp/info/bunka/furusato/jyushou.html



今井さん、おめでとうございます!!!!



それでは今井さん(今井和幸さん)とはどんな人物なのか
少し追ってみたいと思います(笑)

私と今井さんが初めて知り合ったのが2011年でした。
今井さんが参加していた丸の内朝大学のフィールドワークで
巻の鯛車をテーマに選んでいただいた時からですね。
(もっと前から関わってもらっている感じがしますが、、、)

それからイベントがある度に巻へ来てくれています。
お盆の8月13日も巻に来てくれているんですよ!
これってすごくないですか!?

表参道教室はもちろん、長野善光寺教室にも毎回来ていただいています。
しかも私たちがピンチの時には必ず助けに来ていただいています。
そのタイミングが毎回絶妙なんです!今井さんがいなかったら
完成しなかったであろう鯛車は数知れず。。。

その時の記事がこちら↓

善光寺教室に助けにきてくれた今井さん。

表参道教室で助けてくれた今井さん。


Beamsで初めて鯛車が並び、売れるか
どうか心配してドキドキしていた時も
第一号に買ってくれたのも今井さんでしたね。
あの時は本当に嬉しかったです。
どれだけ今井さんが私たちのプロジェクトにとって
かかせない人物だというのがわかってもらえたでしょうか。

今井さんから心のふるさとは巻です!と、
有難いお言葉をいただいています。
きっと今井さんの熱い想いが受賞に繋がったのだと思います。
改めて受賞おめでとうございます。
今井さんの作文は1/16(土)に新潟市のりゅーとぴあ劇場で
朗読される予定になっています。
書いていただいた内容も気になるところですね!

これからも応援してくれる今井さんと共に巻の鯛車を
盛り上げて行きたいと思います。
今井さん、今後ともよろしくお願いします!



2015年12月26日土曜日

ガルベストン番外編!!

前回のガルベストンの記録からだいぶ空いてしまい
続きを書くのがすっかり遅くなってしまいました。
番外編ということで、連れて行ってもらった場所や
食べ物について書きたいと思います。


ガルベストンでの教室とイベントを終えて
オフタイムがやってきました。
昨年は予定がびっしり詰まってましたが、
今回は観光の時間もありましたよ。
この日はヒューストンの、あのNASAへ連れて行ってもらうことに!
テレビではロケットが打上げられるときによく観ていましたが
まさか自分の足でその場所に行けるとは。
人生何が起こるかわかりませんね。
ガルベストンから車で30分〜40分くらいだったでしょうか。
意外に近いんですね。

この日は新潟からの市民団体のみなさんと一緒に出発です!
人数が多いのでなんとスクールバスの貸し切り(笑)
デザインが黄色でカワイイですね。




そして着きました!!




工場的な場所を見学!
ミシンとかも置いてあり、アナログな部分も
見ることができておもしろかったです。




外にもロケットの模型などがあり、
子どもも楽しめました。
右側の倉庫に行くと、、、




本物のロケットがありました!
宇宙へロケットを飛ばす際に本物と同じ機体をもう一機つくるようで
これは宇宙へ行かなかった方が展示されていました。
ものすごくデカい!いつか鯛車乗せて宇宙へ行ってみたいですね。




その後、鉄道博物館も連れて行ってもらいましたよ!
これは精巧につくられたジオラマですね。




町の中ではこんなものを発見。
マンホールのデザインがガルベストンを代表する
帆船、エリッサ号!



ちなみに巻はこれ!
比べてみると作り自体も違うみたいですね。





市内ではディスカウントショップを見つけました。
ここが本当におもしろい!お土産はここがおすすめ。
皆川さんがあまりにも夢中でそのまま閉店しても
気付かれずに鍵を閉められることに(笑)




ここからが食べ物編。
アメリカのスーパーでもYakisoba売ってました!
チキンヌードルが意外に美味しかったです。




ライムがこんなに!しかも安い。
日本だと高いですよね。アメリカの人はこんなに
いったい何に使うんでしょ??ビールに入れる??




そしてハムステーキ頼んだら、
あいかわらずのポテト多い(汗)
ちなみに隣のザモラはどでかいマッシュポテトでした(笑)






土田&皆川家の朝食はこんな感じだったようです(笑)
アメリカーン!!




そしてこの風景なんだかわかります??
ここはサンドウィッチのお店で
前日のお昼にテイクアウトでランチセットを頼んだんです。
付け合わせのチップスがあまりにも美味しくチップスだけ
買いに来たら苦笑いの店員さん。
二段目の空いている部分全部買い占めました
(笑)




夕食は海が見えるギリシャ料理のお店へ連れて来てもらいました。





ガルベストンの郷土料理のガンボスープです。
やっぱりこれを食べなきゃ!





食事を終えると店員さんがケーキを大量に持ってきました??
ここから選べるよってことみたいです。実物持ってくるなんて
商売うまいですね!この若い店員さん、
空手をやっていて日本にも行ったことあるみたいで意気投合!


いろんな出来事がありましたが、
最後に印象的だった思い出話を!



教室の間、娘を土田さんが丸々観ていてくれたので
おしえるのに集中できました。ありがとうございました!
娘の一番の思い出はじぃじ(土田さんの呼び名)と
遊んだことみたいです(笑)



この前も書きましたが、
岸と岸を結ぶ連絡船の上でカモメの餌やり。
あまりにも寄って来るので糞対策で帽子被ってます。
イルカも観れました!詳しくはこちらにて



教室の通訳から、空いた時間の案内などほとんど
テキサス在住のMayukoさんに助けてもらい、車も出してもらいました。
アメリカに渡った時の体験談や仕事の話、生活についてなど
勉強になりました!本当に感謝しています!



デビーとジョンに孫のトリスティンが今年誕生したこと!
このトリスティンの成長を毎年見守りたいですね^ ^




最終日のヒューストン空港にて(娘撮影)
みなさんおつかれさまでした!






今日は鯛車が一度も姿を見せませんでしたが、
これでガルベストンでの報告は以上になります。
場所も人も食べ物もアメリカのスケールには毎回圧倒されます。
カモメに餌をやっていた船の上でメキシコ湾を眺めると
広い広い地平線が見えました。
そんな風景を見ていると今自分が抱えている小さな悩みなんて
本当にバカらしくて思えてきて、心がフラットになるというか
スゥーっと引いて行きました。
この場所に連れて来てくれたピーターとMayukoさん、
そしてガルベストンへ来るきっかけをつくってくれた小山さん、
元を辿ると鯛車を広めようと声をかけてくれた土田さんや皆川さん。
そして全てを繋げてくれた鯛車、その他大勢のみなさんに感謝したいです。

来年は挑戦の年になるかと思います。
巻の鯛車が世界に誇れるように、
そして鯛車が巻の人たちのアイデンティティーとして根付くように
更に技術、手法に磨きをかけていきたいと思います。
来年もよろしくお願いします!!




2015年12月22日火曜日

今年の〆は、、、

先日の日曜日にガルベストンの帰国報告会を
開催しました。

3年前からガルベストンのプロジェクトに関わってくださった
みなさんをご招待して。

とても笑いあり、お楽しみありの楽しい報告会になりましたよ!
ご覧下さい。

たくさんの方にお越しいただきました。
参加してくださったみなさん、年末のお忙しいところ
ありがとうございました!




ガルベストンへ一緒に行った巻地区公民館の
星野さんにも参加してもらいましたよ!





こちらも一緒に行ったガルベストン委員会の
副委員長、清水さんにもお越しいただきました!
遠方よりありがとうございました。




こちらがみなさんお待ちかねのお土産抽選会です!
買ってきたものやガルベストンのメンバーから
もらったものをチョイス!

今流行りのスターウォーズグッズもアメリカから
お土産に買ってきましたよ(笑)






そしてこちらがザモラからもらった激レアの
“ TEIGURUMA ”カップです!
あいかわらず江戸っ子ですね(笑)




おかげさまでこれを持って今年のガルベストンのプロジェクトは
全て終了しました。

今回ガルベストンへ行った私たちだけがこのプロジェクトに
関わったのではなくて、3年前ガルベストンの
メンバーを受け入れてくれた巻のホストファミリーの方々、
子どもたちと交流させていただいた学校関係者のみなさま、
いつも私たちを支えてくれた市の職員の方々、
教室やイベント会場を無償で提供してくれたまちづくり協議会のみなさま、
私たちよりずっと前から関わっているガルベストン委員会のみなさま、
そしてガルベストンのみんな!発案者の小山さん!復活プロジェクトのみんな!
まだまだ挙げたら切りがありませんが、本当に多くの人たちの支えがあって
このプロジェクトが成功したと思っています。

きっとこのような大きなプロジェクトが成功する鍵っていうのは、
莫大なお金でも、地位でも名誉でもなくて
単純に熱い想いを持った人たちがどれくらいいるかだと思うんです。
ガルベストンの人たちが来年も必ず巻へ来たい!って言ってくれたのは
巻の人たちがあたたかくて町を好きになってくれたからなんですよね。
そんな熱い想いを持った人たちがたくさんいる!
私の地元巻町を、誇りに思いますね!



と、これで終わりみたいな書き方してますが、
今日はもう少しお付き合いください↓



報告会の後にプロジェクトのメンバーみんなで
一年間お世話になった鯛の蔵にお礼を兼ねての
大掃除をしました!





私たちの肝である材料はきっちりこの通りに!!







汚れた入り口まわりもキレイにして
ピッカピカになりましたよ!





そしてこちらもお楽しみの、、、






昼食タイムです!
ミヨシさんと美智子さんがおにぎりと漬け物を
作ってきてくれました!






みんなこれを楽しみ待ってましたよ!
これは銀杏の入ったおにぎり。
本当に美味しい、プライスレス(笑)




漬け物をみんなで回して。
とても幸せな時間を送ることができました!
ミヨシさん、美智子さんありがとうございました!
来年も楽しみにしています(笑)





そして最後に阿部先生の提案で三本締めで〆ました。
これがすごく良かった!





今年一年ありがとうございました。
ということで鯛の蔵はリニューアルも考えて
誠に勝手ながら2/21(日)まで長期の休業に入ります。
また生まれ変わった鯛の蔵をよろしくお願いします!

そして来年はものすごいこと、考えてます(ニヤニヤ)
またそのときが来たら発表しますね。
来年は今年以上に飛ばして行きますよ!
みなさん、来年もよろしくお願いします!




2015年12月17日木曜日

教室の空気感。





新潟の空はいつ雪が降ってもおかしくない
そんな寒い日が続いています。
雪国新潟にいるのにやっぱり夏や春が好きですね。

先日鯛車教室の最終日でした。
いったいどんな鯛車たちが完成したんでしょうか。
それではどうぞ!



とてもシンプルでグラフィカルな
イラストですね!





そして例のルレクチェ!、、、
ではなくてひょうたん車の完成です!





切り絵のカタツムリも良い味出してます!






そして先生たちは
仕上げの準備に入りました!




お茶出しも先生たちの大事なお仕事。
女性陣の先生方、いつもありがとうございます!




こちらの鯛車、今まで観たことない色合い!
何やら西方先生に相談ですか!?





書が入りました!!
そしてこの鯛車のセンス◎
この方、染織家でありながら最後の感想の際には
先生たちの道具の使い方に着眼されていました。
次回も宜しくお願いします!



色の研究は、先生たちも
生徒さんたちにとっても尽きることはありません。




もうすぐ完成ですね!
やっぱりお顔と似てますね(笑)





みんな楽しそうに作業中!







こちらもまもなく完成です!
淡い波の色がキレイですね。






これまた山と日の感じが
良いバランスで入ってますね。
みんなうまいですよね!



そして最初は2人で1台つくるはずだった
このご夫婦も、こちらの提案通り2台完成!
おめでとうございます!





そしていつもより30分も早く点灯式ができました!
毎回一斉にライトアップするので
コンセントを入念にチェックするのも大事なお仕事(笑)





これ、毎回西方先生が書き直してるんですよ。
恒例になってますがすごいことですよね!





そして3、2、1で
ライトアップ!!!!





今回もたくさんの鯛車と
笑顔が生まれました!





今回は平野屋豆腐店さんが
参加者全員におとうふの差し入れも!
来年ここの商品パッケージがオール鯛車になりますよ。
お楽しみに!!差し入れありがとうございました!



今年も終わりましたね。
ブログの写真を撮ってくれているメンバーの石田くんが
毎回最終日に、来週はこの場所に来れなくなるのが
寂しいって言うんです。

確かに。鯛車教室はリピーターが多いですが、
参加する人たちによってその場の空気というか雰囲気というかが
変わるんですよね。この空気感は今回で終わりです。

ただ、また来年新しい生徒さんたちと共に
新しい鯛車教室をつくりましょう。
出会いもきっとたくさんあるはず。
ここで出会って仲良くなった人たちは数知れず。
きっと鯛車以外にも得られるものがたくさんあります。
お待ちしていますね。


実はすでに次回の日程が決まってます。
2016年、鯛車教室 in 巻は
6/5(日)〜7/31(日)を予定しています。

今回は事前申し込みが多くて広報しませんでした。
とても嬉しいことなんですが(汗)
定員に埋まる前にぜひ以下までお申し込みください。
お会いできるのを楽しみにしていますね!


鯛車復活プロジェクト事務局
(巻地区まちづくり協議会内)
電話/0256-72-8736
メール/taigurumarp@gmail.com
担当/野口