2017年4月18日火曜日

当たり前じゃないということ。

以前に今年5月にヒューストンで開催される
ジャパンフェスティバルに招待されたとお話ししましたが、
先方の都合により今回の渡米は中止となりました。


以前書いた内容はこちらより↓
http://taiguruma.blogspot.jp/2016/11/blog-post_38.html


主催者の方や、領事館の方からあらゆる手段を探していただきましたが、
今回私たちを招待するための費用が手配できなくなり、
私たちを推薦してくれた主催者の方も役職から
降りることになったことが原因でした。
先方との間に入ってくださった方々、一緒に行って手伝いたいと行ってくれた方、
そして他にも私たちを応援していただいているみなさんには
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ここで、お金は出なくてもどうしても行きたいです!!
なんて言えたら格好良かったでのですが、
現実問題、私にはそこまでの財力がないですし
昨年皆川さんと、初めて二人でガルベストンへ行って
そこまでの資金を貯めるまでどれだけ大変だったかわかっているので
今回は諦めることにしました。

これまであまりアメリカとの距離は感じていませんでしたが
今回はとても遠く感じました。

そしてそれと同じくらい、
今まで置かれていた環境がどれだけ恵まれていたか
感じ取ることができましたよ。
当たり前にやっていたことは、実は当たり前ではなかったということです。
ガルベストンでいつも私たちを迎えてくれるみんな、
留守中に鯛車教室の運営をしてくれているメンバーたち、
会社の人たち、待ってくれていた家族、
そしていつも一緒に行ってくれている皆川さん。
他にも応援してくれているすべての人たちに対して
感謝の気持ちが強く湧いてきました。
初心に戻れたというか。
だから中止になったからといって
決して悪いことだけではありませんでした。

そして時期がG.Wの真っ只中だったので妻と娘も連れて行く予定で
二人にもかわいそうなことをしたなと思い、
娘には代わりにディズニーランドへ連れて行くよと言ったら
そっちの方が嬉しいようでした(笑)
どうやら娘にとってはアメリカよりも東京ディズニーランドの方が
遠くて楽しいところだと思っているのかもしれませんね。。。
この子が大きくなったときに、アメリカのガルベストンという
街に一緒に行って、こんな人たちとこんなふうに過ごしたんだよと話した時に
少しでも思い出してくれたら嬉しいです。

2014年のガルベストンでデビーと。


これからは気持ちを切り替えて、
11月の美術館での展示、現地でのワークショップの方に
照準を合わせて頑張りたいと思います!!

そしていつかヒューストンでイベントが開催できることも、
あきらめずに頭の中に入れておきたいと思います。
強く思えばきっと実現できると信じて。

まずは来月5月の表参道教室、6月の巻教室からですね。
ひとつひとつ確実にこなして行きたいです。
これからも応援よろしくお願いします!!






2017年4月12日水曜日

ガルベストンの二人をアテンドしました!(後編)

ガルベストンから来たザモラとジョーを案内する2日目。
夕方からの数時間でしたが、なんと巻へ来てもらいましたよ!
本当は会わせたい人が山ほどいたのですが、
時間が限られていたので、こちらで調整させてもらいました。

ザモラにとって巻は2013年以来なので4年ぶりですね。
そのときの記事はこちらから


まずは巻で日曜日しか空いていないギャラリーへ!
みなさんご存知のとおり、アクアデザインアマノ本社1階の水槽の美術館。
思い入れもあって大好きなところです。



地元巻にあるADAギャラリーの入り口。
ザモラは以前エビの生態を研究していたので
スタッフさんに水槽や魚について詳しく聞いていましたね。
ブラジルのアマゾンにも調査で行ったことがあると言ってました。
なんで前回巻に来た時にここへ連れてきてくれなかったんだ!
とも言ってましたね笑






そしてもちろんここもかかせないですね。
ジョーにとっては初めての鯛車。
鯛車の歴史とプロジェクトについてじっくり見てもらいました。






ちょうど展示を新しく変えたばかりだったので
たくさんの鯛車を見ることができましたね!






そしてここでもお決まりの1枚!







そして中吉川の旧醤油蔵です。
お揃いの帽子をもらって上機嫌な娘はカメラ目線。
左は通訳の市役所南さん。








皆川さんから中吉川の歴史を2人に説明してもらいました。
今度は夜の光る煙突も見てもらいたいですね!




そしてこちらは巻の商店街の中に位置する妙光寺さんです。
2013年にザモラはこのお寺に2週間滞在してました。
本当はご住職は不在だったのに
ザモラのためにわざわざ帰ってきてくれましたよ。



久しぶりの再会に嬉しそう!







ご住職は英語がペラペラ!
袈裟にガルベストンのバッジがお似合いですね!







こちらが2013年にザモラが泊まっていた部屋だそうです。
私も初めて入りましたが立派な庭園があって
高級旅館ですね、これは!






なぜだか一番喜ぶ娘(笑)






そして最後にみんなで記念撮影!
ご住職のお母様はもうザモラと二度と会えないと思っていたと
握手をしていた姿にジーンときましたね。






ご住職の息子さんが結婚され、お孫さんが産まれ
10人の大家族になってました。
4年ぶりに再会したザモラと妙光寺のご家族との触れ合いが
すごく嬉しかったです。本当に短い時間でしたが
こういうことが国際交流で
一番大切なことなのかなと思いました。





最後は夕食でガルベストン委員会会長の与田さん、石塚さんと
合流してザモラの大好きな中華を食べました。









そして二人とハグをしてお別れです。
これから長時間のフライト頑張ってください!








今回は二人の滞在期間が短かったので
できることは限られていましたが、
少しは楽しんでいただけたかと思います。
ただ、疲れていないかだけが心配ですが。

ジョーは今回初めて会いましたが
とても気さくな方でザモラが一緒に連れてきたいのが
わかった気がしましたよ。


次は私たちが11月に行く番ですね。
ザモラが時間がわかったらヒューストン空港まで迎えに行くよ!と
言ってくれました。ほんとにありがたいです。
新潟とガルベストンはほぼ地球の裏側で
飛行機に乗ると13時間とけっこうかかりますが、
こうやって交流を続けていると
人種とか住んでいる国とか言葉なんて関係なくて
普通に近くに住んでいる友達のような感覚でいられますね。
それはザモラやジョー、そしてガルベストンの人たちが
私たちを親身に受け入れてくれているからなんですよね。
鯛車に出会わなければ、みなさんと繋がれなかったですし
やっぱり鯛車の持っているチカラはすごいものなんだと
改めて思いました。


次は表参道教室、巻教室と目白押しです!
6月から夏休み以外での小学校での鯛車教室も決まりました!
ザモラが自分で旅費を援助してでもガルベストンに
新潟の子どもを連れて行って交流を続けたい!と言っていたように
私たちも次世代にバトンを渡せるように頑張りたいです。
2人にはたくさんパワーをもらいました。感謝しています。
気をつけて帰ってくださいね!





2017年4月11日火曜日

ガルベストンの二人をアテンドしました!(前編)

水曜日から新潟に滞在している
ザモラとジョーの二人。
二人は共に新潟の姉妹都市アメリカ、
テキサス州ガルベストンから来ました。
今回来日した目的は新潟で姉妹都市の7団体が集まる
大きなイベントがあったからでした。


この日は土曜日ということもあり、
午後のりゅーとぴあで行われるイベントまで
新潟の街なかを案内することに。

まずは朝食から。
ザモラはガルベストンでほぼ毎朝パンケーキの店に
行くことから似たようなお店を選びましたよ。

ここは新潟駅前のロイヤルホストです。
メニューもガルベストンのI HOPにそっくり笑





この日はじめてジョーとも話ができましたよ。
朝は通訳さんがいなかったので代わりに
i Phoneさんが翻訳してくれました。
すごい時代になりましたね。






いちごジャムを綺麗に開けられて喜ぶザモラ笑
このお店気に入ってくれたみたい。









ジョーはトロフィーなどを製造している会社を経営されています。
今回も姉妹都市の式典のためにこのようなパネルを
作って持ってきたそうです。右上がガルベストンのロゴですね。
自分でデザインもされるそうで、それ以外にも
電力事業をセカンドビジネスとして持っている様です。






朝食を終えると薄皮の大福で有名なさわ山へ。






朝からものすごく混んでましたね。
お団子屋さんは二人にとって新鮮なようでした。







大福をたくさん買って次に向かうのは、、、







ここです!私も初めて来ました。
入船タワーです!佐渡も見えてすごくいい。
しかも無料で入れます笑






私の娘にとってザモラとは二年ぶりの再会でした!
二人とも嬉しそうで良かった。






ここでも記念撮影!!








新潟の建物が一望できますよ。









窓から下にたくさんの階段が見えました。
みんなで正面に壁に突き当たる階段は
何なのだろうと不思議がってました。
記念撮影用なのかな??



大福のお供にお茶を!
自販機にみんな大興奮。BOSSのカフェラテが
なんでこんなに安くてうまいんだ!と言ってました笑






休憩室でさわ山の大福を食べながらゆっくりしました。







お昼はビストロ椿で洋食を。
ここもすごく美味しかったです!



そしてここで今日はお別れのはずでしたが、
買い物をしたいようだったので
イベントが終わるまで近くで待っていて合流することに。



正装したザモラ。
ダイソーで日本っぽいデザインの手ぬぐいを
大量にお買い上げ。鯉のぼりも買ってましたね!






そして最後は伊勢丹へ。
この大きな二人が歩いているだけで目立ちますね笑





その後伊勢丹で日本酒などのお土産を買ってから
姉妹都市のレセプションだったので今日はここでおしまい。

水曜日に着いてから、かなりハードスケジュールをこなしていたので
二人とも疲れているようでした。84歳と62歳ですよ汗
公務なので仕方ないとは思いますが、
私たちといるときくらいはゆっくりしてもらいたくて
皆川さんと相談して今回のコースを決めました。
決して新潟のメジャーどころではなかったかもしれませんが
喜んでもらえてよかったです!
私たちも楽しかったですしね。


(翌日の後編へつづく)


2017年4月7日金曜日

表参道教室、まだまだ募集中です!

鯛車表参道教室のチラシをつくりました!
新潟市東京事務所、表参道新潟館ネスパス、
ビームス新宿店、原宿店にたくさん置かせてもらってます。
今年は会場のネスパスが20周年ということもあり、
鯛車でいろんなことができたらいいなと思っています!

1日から募集がはじまりすでに9名のお申し込みがありましたが、
まだまだ募集しておりますよ!見学も大歓迎です。
ぜひ5月はネスパスへお越しくださいね。
まだ日程は決まっておりませんが、
6月は表参道で鯛車を引き回すイベントも開催しますので
こちらもお楽しみにー☆







2017年4月6日木曜日

Zamora arrived in Niigata from Galveston !!

昨日、ガルベストンからザモラが来日しました!
今週末から新潟市では姉妹都市の国々が全て集まる
大きなイベントが開催される予定で、
そのためにガルベストンを代表して来てくれましたよ。
昨年末に会ったばかりですが、新潟で会えるなんて嬉しいですね!

ザモラは2013年に新潟へ来て以来4年ぶり。
夜の到着だったので職場から近い新潟空港でお出迎え。



まさかの半袖で登場!
前回来たのが6月で、今回は寒かったと言っている
わりには半袖(笑)ザモラはいつも陽気です。






今回はザモラと一緒にカッパドーナさんも!
カッパドーナさんはザモラの友人で
いつもザモラの様々なものをつくってくれている
ビジネス的なつながりがあるとか。
私も初めて会いました。写真は後ほどに!





おそらくこれを作った方だと思われます。
TEIGURUMA!江戸っ子(笑)






2年前に一緒にガルベストンへ行った
国際課の佐藤さんも一緒にお出迎え。

ザモラ久しぶりで嬉しそう!



ザモラは私たちがガルベストンで行っている活動を
4年前から応援してくれています。
教室の中でというよりは事前準備だったり、
いろいろなところへ連れて行ってくれたり、
影で私たちを支えてくれています。




これは昨年、教室の前日に参加者が使う竹ひごを
準備しているところ。




こちらは材料調達のためのホームセンターにて。





買ってきた材料をつかって、昨年はザモラと一緒に
こんなものも作りましたね!







食べることが大好きなザモラ。
新潟でも美味しいものをたくさん
食べてもらいたいですね!




84歳にしてこの行動力!
みんなから愛されているザモラです。

今回は1週間弱と滞在は短く、
公務なのでかなりのハードスケジュール。
巻で一緒にゆっくりできるのも最終日の数時間ですが
楽しんでもらえるようにアテンドしたいと思います。


つづく。

2017年4月3日月曜日

今年度の活動スタート!

4月になりましたね。
でもまだなんとなく寒い新潟です。
今年は桜は少し遅いでしょうか。

おかげさまで3月まで開催していた
メンバーによる「鯛車展」はたくさんの方に観ていただき
無事に終了することができました。
来ていただいたみなさん、ありがとうございました!

そして次の企画展まで通常の展示となります。
通常の展示といってもたくさんの光っている鯛車を
昼間からでもご覧いただけますので見ごたえあるかと思いますよ。
昨日は、今年はじめてメンバーに集まってもらい
作品展示の撤去と掃除をしました。

鯛の庭(笑)に除草剤を撒いてもらいました。
ありがとうございました!





そして3月までこんな感じだった鯛の蔵2階も、、、






こんなにまっさらに!
みんな綺麗に撤去作業をしてくれました。





実はここからが大変です。
鯛車を24台、配線をして光らせなければなりません。





メンバー総出でセッティングしていきます。







鯛車の向き、紅白の紐の位置、棚の高さ、
配線がなるべく見えないように
みんなこだわってくれましたよ!





小山さんの息子さんがパキスタンに行かれたので
なぜかパキスタンのお菓子を食べながら一服の図(笑)
あいかわらず美味しかったです!
ごちそうさまでした。





では完成した2階は来ていただいての
お楽しみということで!




鯛の蔵は毎週日曜日、10時〜16時まで開館しております。
巻の鯛車を観たい方、1階では鯛車の説明、2階ではプロジェクトの歴史と
メンバーが作った鯛車が観れますので、ぜひお越しくださいね。

また、まもなく6月から巻ではじまる鯛車教室の募集も市報で開始します。
以下から募集を受け付けておりますので、
興味のある方ご連絡お待ちしております。

鯛車復活プロジェクト事務局 連絡先↓
電話/0256-72-8736(平日のみ)
メール/taigurumarp@gmail.com